青山学院大学 大学案内2019
119/164

本学科の学びの場は、経済学・経営学・社会学などの「社会科学」、心理学・コミュニケーション学などの「人間科学」、数理分析・統計・コンピュータ技術を基盤とする「情報科学」の3分野です。この中から関心ある2分野が融合する学びの領域=リエゾン科目を中心に実践的に学び、3年次からは、コース別に分かれてより専門的に探究します。また、企業や自治体から提示されるプロジェクトへの参加や、英語教育にも力を入れています。卒業時には、高い社会人基礎力が身につき、自信をもって社会へと羽ばたくことができるでしょう。※科目名およびカリキュラム内容の一部を変更する場合があります。めざすべき人物像人間の行動、経済活動を理解し、それらの疑問に解答できる人材。さらには多様なデータを論理的に分析し、社会の疑問に解答できる人材。Student’s Voice社会・人間・情報の3領域とそれぞれが融合する領域を幅広く学べることに魅力を感じ、本学科に進学しました。もっとも興味深い科目は「プログラミング基礎演習」です。1年次に履修した「コンピュータ実習」でプログラミングに出合い興味関心が高まり、もっと追究したいと思うようになりましたが、実際に学んでみるとうまくいかないことの連続でした。しかし、エラーの原因を自分で突き止め、プログラムを書き直し、思い通りに動いたときの達成感は何物にも代えがたく、やりがいを実感した瞬間でした。この経験から私は困難なことに対して、根気よく挑戦し、さまざまな課題を解決に導く自信がつきました。青学授業要覧※各学科の専門科目に、青山スタンダード科目、自由選択科目を合わせて卒業に必要な単位を修得します。詳しくは社会・情報分野を軸に苦手な領域にも挑戦し、自分の可能性を広げることができました。社会情報学部 社会情報学科3年 │ 静岡県立富士東高等学校出身小川舞佳文学部教育人間科学部経済学部法学部経営学部国際政治経済学部総合文化政策学部理工学部社会情報学部地球社会共生学部3年次からコース別に分かれ、それぞれのコースにおいて、2つの分野の「エリア科目」と、異分野融合領域の「リエゾン」科目を履修します。多様な数理系科目を展開します。中学校教諭1種免許状(数学)、高等学校教諭1種免許状(数学・情報)も取得可能です。人間人間情報情報社会社会フルリエゾン人間・情報コース社会・情報コース社会・人間コース3年次4年次演習(Seminar)の詳細はP.119へ●社会統計演習 ●社会調査法 Ⅰ ●プロジェクトマネジメント ●時事英語 ●社会調査実習 ●データマイニング ●データマイニング演習●経営学 ●会計学 ●証券市場 Ⅰ ・ Ⅱ ●経済解析 ●経営分析 ●経営戦略論 ●公共経済学 ●金融論 ●数理ファイナンス など●プログラミング基礎演習 ●オブジェクト指向プログラミング ●オブジェクト指向プログラミング演習 ●データベース基礎 ●数理代数 Ⅰ ●数理代数 Ⅰ 演習 ●人工知能基礎 ●情報システム計画 など●学習心理学 ●文化心理学 ●発達心理学 ●心理学演習 ●スポーツと心の科学 など●プロジェクト演習 Ⅰ ・ Ⅱ ●ゼミナール Ⅰ ・ Ⅱ ●地域スポーツ演習 ●健康スポーツキャリア演習A ●特定課題演習/研究 Ⅰ ・ Ⅱ ●卒業研究 Ⅰ ・ Ⅱ など●情報リスク論 ●広報論 ●リスクマネジメント論 ●システム分析・設計基礎 ●システム分析・設計基礎演習●情報政策 ●社会・情報特別講義A・B ●システム分析・設計応用●社会心理学 ●ワークショップデザイン ●社会学 ●現代の世界と日本 ●コミュニケーション心理学●意思決定理論と実践 ●リーダシップの理論と実践 ●行政学 ●社会・人間特別講義A・B ●観光経済論●ネット社会とコミュニティ ●ヒューマンインタフェース ●メディアコミュニケーション ●メディア論●メディアコンテンツ制作 ●コンテンツマネジメント ●人間・情報特別講義A・B●ビジネスライティング ●論文構成論●数理解析基礎 ●数理解析基礎演習 ●構造幾何 Ⅰ ●インターンシップ ●ウェブサービス構築 ●数の歴史コース間を超えて履修も可能です。117

元のページ  ../index.html#119

このブックを見る