青山学院大学 大学案内2018
118/164

留学先で、現地の人々と関われたからこそ、得られた貴重な知識や体験がいっぱいです。高校生時代の留学を機に抱いた「将来は地球規模で活躍できる人材になりたい」という夢を具現化するため、本学科に進学しました。必須の留学はタイの国立タマサート大学を選択し、寺院や美術館探訪、伝統舞踊、フィールドワークと、実際に現地の人々と関われたからこそ得られる体験ができました。訪問したタイ人の友人の家で、住み込みで長年働くメイドさんの存在を知り、タイ家庭でのメイド・ベビーシッターが果たす役割をテーマにフィールドワークを実践しました。インタビューや仕事場視察により、雇用者の多くは経済的富裕層の中華系タイ人家庭であるとわかり、地球規模課題の格差問題をリアルに実感できました。今後さらに情報収集し、説得力のあるレポートに仕上げていきます。海外で主体的に調査をやり遂げられたことは大きな自信になりました。地球社会共生学科Department of Global Studies and Collaboration調査に必要な基礎知識を学ぶ「フィールドワーク論」を修得後、必須留学期間中に異文化理解に関するフィールドワークを実践し、帰国後、その現地で行った調査体験を振り返る科目です。収集した資料・データを整理・分析し、調査成果の発表により、他者に伝えるという一連のプロセスを修得します。フィールドスタディーⅡ地球社会共生学部 地球社会共生学科3年私立クラーク記念国際高等学校 横浜青葉キャンパス出身林 拓也 教授地球社会共生学部116

元のページ  ../index.html#118

このブックを見る