青山学院大学 大学案内2019
118/164

エリア科目1年次で基礎を固めた3分野をより深く学び、さらには融合的な学びも進めていきます。社会、情報、人間の3分野の基礎を学びます。Pick Up!短期留学○研修先/セントラルメソジスト大学(アメリカ) ○日程/約28日間社会情報学部世界が抱える社会的課題の解決と革新をめざして、枠にとらわれない実践力を鍛えよう。社会情報学科Department of Social Informatics1年次2年次※太字の科目は必修科目です。基礎科目●コミュニケーション基礎 ●コンピュータ実習 ●統計入門 ●データ分析 ●データ分析演習 ●社会統計 基礎科目〔数理系〕●社会数理入門 ●社会数理 Ⅰ ・ Ⅱ ●数理情報 Ⅰ ・ Ⅱ ●経済数学社会●マクロ経済学 Ⅰ ・ Ⅱ ●ミクロ経済学 Ⅰ ・ Ⅱ 情報●離散数学 ●プログラミング基礎 人間●人間科学研究法 ●認知心理学 演習科目●プロジェクト演習入門 Ⅰ ・ Ⅱ リエゾン科目社会・情報コース●情報社会論 ●情報産業論* ●情報倫理 ●情報化社会と法 フルリエゾン科目(各コース共通)●社会情報体験演習 ●ソリューション入門 ●経済学概論 ●情報科学概論●人間科学概論 ●ソリューション応用社会・人間コース●合理的思考と社会行動* ●確率統計 ●ジャーナリズム 人間・情報コース●マルチメディア学習論* ●情報デザイン  *専門の異なる2教員によるコラボレーション型授業外国語科目●イングリッシュコミュニケーション Ⅰ ・ Ⅱ ●英語実践演習 Ⅰ ・ Ⅱ ・ Ⅲ ・ Ⅳ ●イングリッシュプレゼンテーション 専門自由科目●数学入門 ●社会数理 Ⅰ 演習 ●社会数理 Ⅱ 演習 ●数理情報 Ⅰ 演習 ●数理情報 Ⅱ 演習 ●数の歴史 依頼者から提示された課題にグループで取り組み、解決策を提案します。依頼者は、相模原キャンパスのある地元・相模原市(自治体)や企業などで、課題は、相模原の観光活性化戦略、地元の名物菓子の企画・創作など、多岐にわたります。現地調査や企業ヒアリング、住民会議などへの参加をふまえて検討し、中間発表での指摘やアドバイスをもとに、より実行可能な具体案を練り上げます。結果は最終発表会でプレゼンテーションし、教員に加えて依頼者の方からも評価をいただきます。プロジェクト演習入門 Ⅰ ・ Ⅱイングリッシュコミュニケーション Ⅰ ・ Ⅱ本学科が独自に開発した英語基礎科目で、学科生全員が学ぶ必修科目です。本格的な学術英語による講義や、学術英文テキストにふれることで、読み・書き・聴く・話す・文法・語彙スキル・プレゼンテーションスキルを徹底的に鍛え上げます。授業では、e-ラーニングを活用するほか、ペアワーク、グループワーク、ディスカッション、グループプレゼンテーション、個人プレゼンテーションなどの実践学習を導入し、問題解決能力や批判的思考力、コミュニケーション能力を高めます。地域のプロジェクトに参加し、課題に取り組む本学科独自のカリキュラムで実践的に学ぶ116

元のページ  ../index.html#118

このブックを見る