青山学院大学 大学案内2017
118/164

日本、アジア、そして全世界の輝ける未来を創造するために。共に、そのチェンジメーカーになろう!地球規模の課題、とりわけ持続可能な開発の実現に尽力するために、卒業後は外務官僚をめざします。こんな私にとってフィールドワーク型留学を軸に“来るべき地球社会”に焦点をあてた本学部は、夢実現への第一歩です。2015年に採択された国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の合言葉は“No one will be left behind”。貧困をなくし誰もが未来に希望を抱けるよう、理想と現実のギャップを埋めるべく学ぶ中、2年次の留学では、タイ・メコン川流域で地元の人々と議論して問題の本質を感じ取り、自らの「核」を確立させたいと思っています。学ぶ一人ひとりが微力であっても世界を動かす力になろう。本学部を志す方に、この言葉を贈ります。「人生最高の4年間」ではなく、「人生を最高にする4年間」にしよう!地球社会共生学部 地球社会共生学科1年静岡県立富士高等学校出身天野 遼太郎地球社会共生学部地球社会共生学科Department of Global Studies and Collaboration途上国が直面している開発課題(経済発展、貧困と格差、保健・教育、環境問題など)も変容しています。その現状、背景、発展動向を理解するとともに開発の目的や発展プロセスを考察。多角的な視座で理論と実践の両面から学び、地球社会の一員として開発の在り方を考えます。桑島京子 教授国際開発学入門116

元のページ 

page 118

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です