青山学院大学 大学案内2018
117/164

確率の低いことにもあえて挑戦する志を抱き、新しい時代の「地球市民新世代」をめざしてほしい。社会が大きく変わろうとする時、さまざまな可能性が生まれ、私たちは選択を迫られます。実現の可能性が高いものもあるだろうし、実現が困難だろうと思われることもあるでしょう。しかし、誤解を恐れずにいえば、確率が高いことは誰にでもできることです。歴史の転換点において、それまでの状況をブレークスルーするためには、非凡な発想で、たとえ確率が低いと思われることにも果敢に挑戦することが必要です。この学部では地球社会の隅々に存在する不条理な状況に自ら抗い、社会のために、人々のために確率の低いことにもあえて挑戦する。そんな「地球市民新世代」を生み出したいと思います。世の中を良くしたい、人のために働きたいという気持ちを口にすることは恥ずかしいことではなく、とても尊いことです。そのような志をもった学生を歓迎します。グローバルな出来事に好奇心を抱き、社会的問題に対する関心と、それを調べる探究心を備え、そしてチャレンジする精神を忘れない。若者らしい正義感をもった皆さんと共に助け合って生きる社会を築いていきたいと思います。地球社会共生学部長 平澤典男 教授写真 左から:地球社会共生学科 2年/地球社会共生学科 2年/地球社会共生学部長 平澤典男 教授〔相模原キャンパス E棟2階 ラウンジにて〕

元のページ  ../index.html#117

このブックを見る