青山学院大学 大学案内2017
112/164

多分野の知識、経験。観察力や分析力。そして、人としてのコミュニケーション力。すべて自分の可能性を広げてくれる財産です。本学科は、自分を高め、自分の可能性を追求できる環境だと思います。社会・情報・人間と幅広く学び、苦手科目や興味のなかった分野にもふれたことで、新たな自分を発見できたからです。ゼミ選びのきっかけとなった苅宿教授の授業では受講生同士で話す機会が多く、人見知りだった私には当初、苦痛でした。でも、経験を積むうちにコミュニケーションスキルがつき、身をもって自らの成長を実感。現在は苅宿ゼミで、他者理解の実践として相手をよく観察しその行動や要望の理由を考察、分析する力を磨くとともに、合意形成として、ルールは集った全員で決め、正解ではなく納得解を創り上げる重要さを学びました。現在は、「サガキャンキッズクラブ」の開催や卒業論文に向けた小学校教師の発話分析…と充実した毎日を送っています。社会情報学部 社会情報学科3年福島県立橘高等学校出身櫻井風花社会情報学部社会情報学科Department of Social Informaticsワークショップがめざす他者理解と合意形成に関する実践的研究として、文献講読と映像等を利用したフィールドの分析などを行っています。併せて、相模原キャンパスにおいて、近隣の小学生を対象としたワークショッププログラム「サガキャンキッズクラブ」を月1回開催しています。苅宿俊文 教授ワークショップデザインの実践的研究110

元のページ 

page 112

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です