青山学院大学 大学案内2017
11/164

新制大学発足当時の正門1950(昭和25)年頃廻沢(世田谷)キャンパス1965(昭和40)年厚木キャンパス1982(昭和57)年相模原キャンパス2015(平成27)年1946年(昭和21年)青山学院工業専門学校を「青山学院専門学校」と改称する。2003年(平成15年)相模原キャンパス開学。専門職大学院・国際マネジメント研究科を設置する。2004年(平成16年)専門職大学院・法科大学院・法務研究科を設置する。2005年(平成17年)専門職大学院・会計プロフェッション研究科を設置する。2008年(平成20年)総合文化政策学部および総合文化政策学研究科を設置する。社会情報学部および社会情報学研究科を設置する。2009年(平成21年)教育人間科学部および教育人間科学研究科を設置する。2013年(平成25年)「同一キャンパス」で1~4年次を学ぶ「4年間一貫教育」がスタート。2014年(平成26年)大学開校65周年、学院創設140周年を迎え、『AOYAMA VISION』を策定。1947年(昭和22年)青山学院専門学校横須賀分校を開学、1949年青山学院大学開校に伴い工学部となる。1949年(昭和24年)新制大学として「青山学院大学」開校。文学部、商学部、工学部(翌1950年関東学院大学に統合)を置く。1950年(昭和25年)文学部、商学部に第二部を設置する。1951年(昭和26年)「財団法人青山学院」を「学校法人青山学院」に組織変更する。1952年(昭和27年)大学院を創設。文学研究科を設置する。1953年(昭和28年)商学部を経済学部に改組し、また、経済学研究科を設置する。1959年(昭和34年)法学部を設置する。法学研究科は1961年に設置。1964年(昭和39年)「青山学院教育方針」を発表する。1965年(昭和40年)廻沢キャンパスを開学し理工学部を置く。1971年世田谷キャンパスに改称(2003年閉学)。理工学研究科は1969年に設置。1966年(昭和41年)経営学部を設置する。経営学研究科は1970年に設置。1977年(昭和52年)文学部神学科を廃止する。1982年(昭和57年)1・2年次生配置の厚木キャンパス開学(2003年閉学)。国際政治経済学部を設置する。国際政治経済学研究科は1986年に設置。2015年(平成27年)相模原キャンパスに、地球社会共生学部を設置する。すべての人と社会のために未来を拓くサーバント・リーダーを育成する総合学園を兼ね備えた人、すなわち「地の塩、世の光」を体現する人物です。青山学院が育むサーバント・リーダーは今、世界が必要としているのは、自分の使命を見出して進んで人と社会とに仕え、その生き方が導きとなる人、サーバント・リーダーです。AOYAMA VISION戦後の学制改革により、新制「青山学院大学」開校。大学開校65周年、学院創設140周年の伝統を、新たな革新の礎に。青山学院は幼稚園から大学・大学院までを擁する総合学園として、140周年を迎えた2014年を起点に150周年へとさらなる飛躍を遂げるため、『AOYAMA VISION』を策定しました。VISION2014-2024リベラルアーツ・深い専門知識他者を敬い違いを受け入れる心人と社会に仕える行いSincerity Simplicity青山キャンパス2015(平成27)年9

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です