青山学院大学 大学案内2019
109/164

経営システム工学の実験科目を配置し、より実践的な基礎知識の素養をつけます。学びの集大成として各研究室において卒業研究を行います。3年次4年次※科目名およびカリキュラム内容の一部を変更する場合があります。Student’s Voice●経済性工学 ●プログラミング技術 ●工業力学 ●情報数学 Ⅰ ●アルゴリズム設計●多変量解析 Ⅰ ・ Ⅱ ●電子応用 など青学授業要覧※各学科の専門科目に、青山スタンダード科目、自由選択科目を合わせて卒業に必要な単位を修得します。詳しくは※グローバルに活躍できる語学力や国際感覚を養うために、「理工学国際プログラム」を展開しています。理工学部 経営システム工学科4年 │ 千葉・私立専修大学松戸高等学校出身竹邑 涼研究室の探究領域文学部教育人間科学部経済学部法学部経営学部国際政治経済学部総合文化政策学部理工学部社会情報学部地球社会共生学部研究室(Laboratory)の詳細はP.113へ経済や会社の経営に興味を抱きつつも、好きな数学や統計学も学びたいと考えていたので、両方を学べる本学科は魅力的でした。オムニバス形式で行われる「経営システム工学の最先端」は、3年次からの研究室選択がイメージでき、将来へつながる意味深い科目になりました。また、理工学高度実践プログラムを通じて、経営システム工学の分野を学ぶチャンスを大幅に拡大でき、試行錯誤しながらも成果を追究していくプロセスの中で、ステップアップできたと感じています。海外の学会に赴く機会も多く、理工学部で鍛えられた英語力を大学院への進学後もさらに高め、独自の研究にも磨きをかけたいです。分析分野について追究し、価値の高いイノベーションを生み出せる方法を研究しています。輪講・卒業研究●経営システム工学輪講 Ⅰ ・ Ⅱ ●卒業研究 Ⅰ ・ Ⅱデータに基づく思考力を養うための技術分野です。確率統計、多変量解析 Ⅰ ・ Ⅱを学んだ上で、実践機械学習や品質管理技術、企業経済学などで応用力を身につけ、分析技術実験を通して実践的な分析力を養います。■ 分析技術現実社会の客観的な理解力を養うための技術分野です。システム工学、シミュレーション工学、意思決定論を学んだ上で、コーポレートファイナンスや生産システム設計、システム工学応用などで応用力を身につけ、モデル化実験を通して現実のモデル化力を養います。■ モデル化技術目標達成のための効果的な判断力を養うための技術分野です。オペレーションズ・リサーチ、組合せ最適化、アルゴリズム設計を学んだ上で、生産管理技術や地理情報システム、ゲーム理論などで応用力を身につけ、最適化技術実験を通して最適計画の実践力を養います。■ 最適化技術めざすべき人物像経営システム工学の専門知識・技術を身につけた人材、すなわち、国際社会に貢献する技術者・研究者、およびリーダシップを発揮して、問題解決を先導できる技術者・研究者。●計算機実習 Ⅲ ●モデル化技術実験●グローバルISE などモデル化技術実験実態(ミニチュア工場)とモデル・シミュレーション(コンピュータ)とのつながりを体験的に理解し、バーチャル・ファクトリーを用いて工場管理における改善策を検討します。●Active Speaking Skills A,B経営システム工学とは、企業やNPO、社会などのいわゆる組織をより効果的に機能させるシステムを開発し、導入するまでの全プロセスを学び、自ら実践できるようにマネジメント能力を修得する学問です。経営学(生産・管理・経営)、システム科学(情報技術・数理技術)の両面から「自ら問題を提起し、仮説を立て分析し、解決へと導く」行程を繰り返し学習する点が、本学科ならではの特色です。3つの技術分野を体系的に学び、あらゆる業種業態に対応できるスキルを蓄積していきます。多種多様な応用実例を学び、具体的な新製品開発などにグループワークで取り組み、実践的に体得していきます。早い段階から高度な学習・研究をしたいという意欲的な学生のニーズに応える理工学部独自のプログラムです。通常は3年次から始まる研究室での授業に2年次から参加できるので、自分のテーマにしっかり向き合い、じっくり探究することが可能です。理工学高度実践プログラム107

元のページ  ../index.html#109

このブックを見る