青山学院大学 大学案内2017
107/164

情報テクノロジー学科Department of Integrated Information Technology「考えるコンピュータ、学習するコンピュータ」を創ろうをモットーに、人の知的活動、例えば言語活動やプログラミングを自動化する研究を進めています。具体的には、質問応答システムMETISや、雑談したり言葉で動作指示できる対話ロボットATHENAの開発研究など、先端にして多彩です。原田 実 教授知能情報科学研究理工学部人工知能をフル活用し、世の中の役に立つシステムを開発する。先端技術とともに研究に励む毎日です。高校生の頃、スマートフォンの急速な普及を目の当たりにして、ITで「多くの人の役に立つ」技術を身につけたいと思いました。1年次の「情報テクノロジー体験演習」で、簡単なプログラミングをしてロボットを自分の指示通りに動かした楽しさとやりがいを原点に、3年次の「人工知能論」で学んだ知識を組み合わせ、人の役に立つロボットを作ってみたいと考えました。現在は、この分野を専門とする研究室で、質問応答システムMETISに改良を加え、さらなる精度アップを進めています。例えば「日本の国鳥は何ですか?」という質問文を解析し「キジ」という答えを導き出すのが、このシステム。求めている回答が得られた瞬間は最高です。卒業後は、システムエンジニアとして働く内定先で、お客様企業のお役に立てる開発の提案をめざします。理工学部 情報テクノロジー学科4年東京・私立富士見高等学校出身スホルクワイク 絵里奈105理工学部情報テクノロジー学科

元のページ 

page 107

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です