青山学院大学 大学案内2019
106/164

1年次2年次4力学とこれらの科目を演習と組み合わせ、集中的に基礎的な学力を養います。機械工学および数学関連の基礎を講義、体験演習、実験、実習で養います。Pick Up!短期留学○研修先/チュラロンコン大学(タイ)、フェーラム大学(アメリカ) ○日程/約2週間(単位認定)数学・共通科目●解析学 Ⅰ A・ Ⅰ B ●線形代数 Ⅰ A・ Ⅰ B ●数学演習A・B ●線形代数 Ⅱ ・ Ⅲ●解析学 Ⅱ ●微分方程式 Ⅰ ●複素解析 Ⅰ ●複素解析 Ⅰ 演習 など第1・2科目群●工業力学 ●工業動力学 ●材料力学 Ⅰ 及び演習 ●熱力学及び演習 ●機械力学及び演習 ●流体力学及び演習 ●精密加工学 ●生産管理技術 Ⅰ ●メカトロニクス ●材料力学 Ⅱ ●応用熱力学 ●計測・電子回路 ●熱・物質移動論 “人と社会と自然の共存”を重視し、“ものづくり”への創造力と想像力を養います。機械創造工学科Department of Mechanical Engineering理工学部専門実験・実習・演習機械要素は、さまざまな観点から設計計算や選定が行われます。力学を基礎として、主要な機械要素の設計計算法や選定法を講義し、これらをふまえて、受講者自ら設計計算を行い、部品図を作成します。機械要素設計“機械工学”とはどのような学問で、身につけた知識がどう役立つのかを、自らの手と頭を駆使して考え、体験的に学ぶ、本学科への入門科目です。演習を通して基礎力を培います。機械創造工学体験演習選択科目●サイバネティクス ●一般電気工学 ●生産管理技術 Ⅱ  ●送配電工学 外国語科目●English Core Ⅰ -a, Ⅰ -b, Ⅰ -c, Ⅰ -d ●English Core Ⅱ -a, Ⅱ -b, Ⅱ -c, Ⅱ -d ●Study Abroad A,B ●Advanced Skills A,B ●English Comprehension A,B ●English for Engineers A,B ※太字の科目は必修科目です。全学科1年次必修科目●物理基礎実験 Ⅰ ・ Ⅱ ●化学基礎実験●電気計測実験 ●ものづくり実習 ●情報処理実習学科を問わず理工学部生全員が1年次に履修する共通の実験・実習、必修6科目のひとつです。理工系のなかでも特に工学分野は、“ものづくり”のための学問で、ものづくりの過程(立案→設計→製作→組立→検査)を実際に体験することで、理解を深めます。具体的には、金属製ペンスタンドの設計と製作を行い、事前に図面の描き方や工具・工作機械の使用法を学んだ上で製作を実行します。製品(作品)の完成後は計測して、設計図面との照合も行い、ものづくりのおもしろさと難しさの両面を経験します。ものづくり実習機械技術と社会機械技術は効用が大きい反面、環境破壊や深刻なエネルギー大量消費社会をも作り出しました。国際競争の中で何をどのようなモラルに基づき作るべきか?具体例(機械構造物の地震時安全性、ロケットはなぜ落ちるのか、原子力発電など)から何を学び、教訓とし、どう活かしていくのかを自らの問題として考えます。また、ターボチャージャーの開発、ロボット技術、宇宙工学など機械技術の先端動向や新しい設計思想などを教員3名と外部から技術者を迎え、専門家の立場から講義します。理工系学問の基礎を身につけるゲストスピーカーと共に技術者の在り方を考える104

元のページ  ../index.html#106

このブックを見る