青山学院大学 大学案内2019
104/164

電気電子工学分野に共通する基礎的知識を講義、演習、実験で深めます。電気電子工学および数学関連の基礎知識を講義、演習、実験で育みます。1年次2年次Pick Up!短期留学○研修先/チュラロンコン大学(タイ)、フェーラム大学(アメリカ) ○日程/約2週間(単位認定)数学・共通科目●解析学 Ⅰ A・ Ⅰ B ●線形代数 Ⅰ A・ Ⅰ B ●物理学 Ⅰ ・ Ⅱ ●化学 Ⅰ ・ Ⅱ ●数学演習A・B ●化学 Ⅲ ●解析学 Ⅱ●微分方程式 Ⅰ ●複素解析 Ⅰ ●線形代数 Ⅱ ・ Ⅲ ●複素解析 Ⅰ 演習 など専門実験・実習・演習●電気電子工学基礎実験 Ⅰ ・ Ⅱ ●電気工学実験 Ⅰ ・ Ⅱ 未来社会が求める頼れるイノベーターになるために、基礎力と応用力を磨いていきます。電気電子工学科Department of Electrical Engineering and Electronics理工学部専門科目●電気回路 Ⅰ A・ Ⅰ B 及び演習 ●電気電子工学概論●電気磁気 Ⅱ 及び演習 ●電気回路 Ⅱ ・ Ⅲ●基本電子回路 Ⅰ ・ Ⅱ ●電磁波 ●電気数学●情報処理 ●アナログ電子回路 ●デジタル電子回路●電波工学 Ⅰ ・ Ⅱ ●通信方式 ●送配電工学●電子応用 ●パワーエレクトロニクス ●現代物理学概論●サイバネティクス ●計算機概論 ●一般機械工学●一般経営工学 ●機械制御外国語科目●English Core Ⅰ -a, Ⅰ -b, Ⅰ -c, Ⅰ -d ●English Core Ⅱ -a, Ⅱ -b, Ⅱ -c, Ⅱ -d ●Study Abroad A,B ●Advanced Skills A,B ●English Comprehension A,B ●English for Engineers A,B ※太字の科目は必修科目です。全学科1年次必修科目●物理基礎実験 Ⅰ ・ Ⅱ ●化学基礎実験●電気計測実験 ●ものづくり実習 ●情報処理実習学科を問わず理工学部生全員が1年次に履修する共通の実験・実習、必修6科目のひとつです。理工系の学問ではさまざまな電気・電子機器を用いた計測を行うため、身につけておくべき電気回路と電気計測の基礎知識を体得します。実験内容は、アナログ/デジタル機器の計測、「電気を見る」オシロスコープの操作方法など、「電気を聞く」スピーカーの原理など、「電気を作る」電磁誘導など、「電気をためる・使う」コンデンサの充放電などの7種です。併せて実験の進め方、実験結果のまとめ方、報告の仕方なども身につけます。電気計測実験技術応用の“現場”を体感する見学会電気電子工学の技術が、実社会でどのように応用されているのかを理解することも重要な学びになります。そこで、3年次に“見学会”を開催し、電気電子工学が実際に応用されている現場を訪問して、技術者の方から説明を受けながら実感をもって電気電子工学を学ぶ機会を設けています。リニアモーターカー見学では、超電導磁石の物性、リニアモーターカーの浮上・推進・案内の原理、運行制御に関わるシステムを学び、リニアモーターカーの走行試験の様子を体験します。理工系学問の基礎を身につける電気電子工学科は電気回路と電磁気学の二本柱を根幹とした科目群から構成されています。それぞれシステム工学と物理学という全く正反対の視点から電気電子工学に関する事物を学ぶことにより、幅広い知識と多面的な技術を学ぶことができます。102

元のページ  ../index.html#104

このブックを見る