青山学院大学 大学案内2018
101/164

機械創造工学科Department of Mechanical Engineering航空宇宙分野から医療分野へ。機械の解析、制御を通じて社会に貢献します。本学科へ進んだのは、大学院進学のための第一歩。機械全般の基礎知識を身につけたいと思ったためです。当初は理論的な勉強が中心でしたが、基礎的な数学や物理の知識、3年次までの学びが今の研究に活きています。研究室では、航空宇宙関連の機械制御の研究テーマに取り組み、実験体を下向きに重力加速度で加速することでその内部に微小重力環境を生み出すシステムの姿勢制御法を研究中です。数値解析や実験がうまくいった時、良いアイデアを思いついた時の達成感は大きく、次の課題へのやる気につながります。今後は進学先で医療機器や手術支援器具に関する研究に参加し、医師にも患者にも負担の少ない“何か”を作りたいと思います。大学院受験時に出題された課題で、本学での実験や先生方のご指導が大いに活きました。機械力学や制御工学を中心として、大型宇宙構造物や柔軟リンクロボットなどの機械システムの運動解析法や制御法に関する研究を行っています。機械制御研究室理工学部 機械創造工学科4年栃木県立宇都宮高等学校出身菅原佳城 准教授理工学部99理工学部機械創造工学科

元のページ  ../index.html#101

このブックを見る