青山学院大学 大学案内2019
100/164

1年次2年次興味や将来の目標に応じて2コースに分かれ、各分野の専門学習、実験科目、演習科目を学びます。講義、演習を通じて基礎を学び、実験によって物理現象に対する理解と好奇心を深めます。短期留学○研修先/チュラロンコン大学(タイ)、フェーラム大学(アメリカ) ○日程/約2週間(単位認定)物理科学コース基礎物理から、科学技術を支える応用物理学である生物物理、ナノテクノロジー、量子エレクトロニクス、電気電子工学まで、あるいは宇宙に関連するさまざまな学問を学び、視野を広げます。数理サイエンスコース代数、解析、幾何、確率といった純粋数学から数値解析、数理生物学、ファイナンス、可積分系といった応用数学まで、幅広く数理科学を学び、数理科学の最先端に迫ります。基礎から応用まで科学の根幹をなす物理学・数理学は、サイエンスの最前線を切り拓きます。物理・数理学科Department of Physics and Mathematics理工学部数学・共通科目●解析学 Ⅰ A・ Ⅰ B ●線形代数 Ⅰ A・ Ⅰ B●力学 Ⅰ ・ Ⅱ ●基礎物理数学第2科目群●数学演習A・B ●物理学演習 Ⅰ選択科目●化学 Ⅰ ・ ⅡPick Up!外国語科目●English Core Ⅰ -a, Ⅰ -b, Ⅰ -c, Ⅰ -d ●English Core Ⅱ -a, Ⅱ -b, Ⅱ -c, Ⅱ -d ●Study Abroad A,B ●Advanced Skills A,B ●English Comprehension A,B ●English for Engineers A,B ※太字の科目は必修科目です。講義で学んだ概念や現象を横断的、体験的に理解する実験授業です。複数の教員が各テーマを担当し、固体物理学・電磁気学・相対論などで扱う専門内容(高温超伝導・X線回折・マイクロ波・ガンマ線・相対論効果など)の実験や数値実験を、テキストに沿って進め方を考えながら行います。実際に手を動かすことで基礎的な実験技術が身につき、実験結果の読み取り方や解析の方法を習得します。さらに関連する課題への解答を通じて実験内容の理解を深めます。また、「卒業研究」の研究テーマを選定する参考になります。物理専門実験 Ⅰ ・ Ⅱ応用初等代数代数の入門授業です。初等整数論から始め、環や体といった代数系の基礎概念を、例をあげて学びます。代数系では、その定理が抽象的な形で述べられることが多いため、理解するにはある程度の慣れが必要です。この講義では、整数や多項式など馴染みのある対象を用いて実際に計算を行い、その体験によって環や体の基本的な概念に親しみます。その上で、例えば、初等整数論の最も基本的な定理のひとつであるオイラーの定理など、抽象的な定理を咀嚼する能力を高めていきます。卒業研究のテーマ選定に役立つ計算を通して、抽象概念に親しもう全学科1年次必修科目●物理基礎実験 Ⅰ ・ Ⅱ ●化学基礎実験●電気計測実験 ●ものづくり実習 ●情報処理実習98

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る