跡見学園女子大学 大学案内2017
96/140

094資格取得をめざす本学では5つの資格取得課程とさまざまな資格取得支援授業を用意。資格や検定などの試験内容に合わせた授業を展開しています。資格取得支援授業中学校教諭1種(国語・美術)、高等学校教諭1種(国語・書道・美術)の教員免許状を取得するための課程です。卒業に必要な単位および教職に関する科目、教科に関する科目等の単位の修得が必要。また、中学校教員免許状の取得には、介護等体験が義務づけられています。教職課程 文学部人文学科のみ科目例●教職論●教育原理●教育心理学●特別活動の研究●教育相談及びカウンセリング●教育実習 など司書をめざす人のための課程です。司書とは、図書館において資料の収集・整理・分類、本の貸出や回収、利用者への読書案内などを行う図書館のプロのこと。近年では情報や資料の電子化に伴って情報に関する高い知識が求められているため、それに対応した人材育成を行っています。司書課程 全学部・学科科目例● 生涯学習概論● 図書館概論● 図書館情報技術論● 図書館制度・経営論● 児童サービス論● 情報サービス演習 など学校図書館運営の中心となる司書教諭の資格を取得するための課程です。図書館の運営だけでなく、児童生徒を指導する役割も担っており、学校内での幅広い活躍が期待されます。司書教諭になるためには、教職課程を履修したうえで「司書教諭に関する科目」を修得します。司書教諭課程 文学部人文学科で教職課程履修者のみ 科目例● 学校経営と学校図書館● 学校図書館メディアの構成● 学習指導と学校図書館● 読書と豊かな人間性● 情報メディアの活用 など 学芸員とは、博物館や美術館の専門職員になるために必要な資格です。本学の課程では、美術、歴史、民俗といった人文系博物館の学芸員をめざして学びます。講義だけではなく、学芸員に必須なスキルを実践的に修得し、花蹊記念資料館を会場とした企画の立案・展示作業も行います。学芸員課程 文学部人文学科のみ科目例● 生涯学習概論● 博物館概論● 博物館経営論● 博物館資料論● 博物館情報・メディア論● 博物館実習 など社会調査士は、社会調査の知識や技術を用いて社会事象をとらえる専門家として認められる上で重要な資格です。一般社団法人社会調査協会の定めるカリキュラムに準じた資格課程で必修6科目、選択2科目を修得することで取得できます。3・4年次には社会調査実習も行います。社会調査士課程 観光コミュニティ学部のみ 科目例●社会調査入門●社会調査法●社会調査データ分析●社会統計学●社会調査実習●多変量解析法 などTOEIC特別演習「TOEIC®」は約150カ国で実施されている世界共通の英語能力検定試験。数値での能力評価で自分の英語力が正確に把握でき、英語学習のモチベーションアップにつながります。着実にスコアが伸びるよう演習を行います。Microsoft Ofce Specialist演習Microsoft® Office製品の利用能力を測る、世界基準の試験。Word、Excelのエキスパートレベル合格をめざして、練習問題に取り組みながら操作方法を身につけます。就職時に大きなアピールポイントになる資格です。日本語演習社会人として日本語を正しく、豊かに使うために、漢字をはじめとする日本語全般に対する知識と運用能力を高めることを目的としています。「日本漢字能力検定」や「日本語検定」のそれぞれ2級以上をめざします。色彩検定演習ファッション、流通、印刷、建築など、さまざまな分野で注目されている色彩に関する知識。「色彩検定」は、その幅広い知識や技能を問う検定試験です。正しく効果的な学習で文部科学省後援「色彩検定」3級をめざします。イベント検定演習(社)日本イベント産業振興協会が実施する、イベント業務に携わる能力を認定するための「イベント検定試験」。基礎知識から実践的スキルまでを学ぶカリキュラムで、イベント関連の仕事をめざす学生を支援します。ビジネス実務法務検定演習営業・販売、総務・人事などビジネスの現場で必要不可欠な法律知識を修得し、「ビジネス実務法務検定」の合格をめざします。資格取得課程

元のページ 

page 96

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です