跡見学園女子大学 大学案内2017
9/140

自律し自立した女性に跡見の自由な校風は、学生の主体性を尊重するという教育理念のあらわれです。学生自身が自ら考え、行動することは、「自らを律し、自ら立つ」ことにつながります。自ら選択した未来を、たくましく生き抜いていけるように、あたたかく見守り、サポートしていきます。少人数だから先生との距離が近い。学びの興味の幅も広がる海外研修プログラム国際的な視野を養う海外研修をイギリス、カナダ、台湾、フランスなど、さまざまな国で実施しています。Goodクラブ・サークル学科や学年の壁を越えたたくさんの仲間と出会うことができます。春学期のプロゼミでは「コミュニティを感じる場所」をテーマに文京区のまちを歩きました。最初は区内の暗く細い路地に魅力は感じませんでしたが、近所の方がすれ違うときに交わす日常の挨拶の場面を見て、とても素敵なコミュニティだと発見し、その感想をまとめてプレゼンテーションしました。コミュニティデザイン学科はゼミの先生、アカデミックアドバイザーの先生などから全員が名前を覚えてもらえるほど距離が近く、面倒見のよい先生ばかり。先生の紹介で山形県の地域イベントの運営ボランティアも経験しました。ボランティア、NPO・NGO、地域活性化事業など多彩な専門分野をもつ先生方のおかげで、私の興味関心も広がっています。ものごとに対する意欲や主体性は社会が学生に求める重要な資質。のびのびとした環境の中で、多くのチャンスに挑めるようにクラブ・サークル活動や行事、海外研修プログラムなど、さまざまな機会を用意しています。Topic学生の意欲に応えるチャレンジできる環境学外実習社会との接点を大切にする教育の実現のため、日本各地で実習を行っています。(写真上)オリエンテーション合宿で「旧伊勢屋質店」を見学。(写真下)山形県西川町の山村地域、大井沢で行われた「大井沢お~たむふぇあ」の運営に協力。007

元のページ 

page 9

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です