跡見学園女子大学 大学案内2017
86/140

084春学期秋学期クローズアップ講義In My Case 1年次社会調査のしくみとデータを読み解く「社会調査入門」テレビや新聞、雑誌やインターネットなどで行われている社会調査の基礎やしくみ、調査から得られたデータを読み解く方法を学びました。身のまわりの調査が信頼できるものなのか、客観的に捉える視点を身につけられました。ファシリテーション力がつく「フィールドスタディ入門」貧困問題やまちおこしの事例のVTRを見て、グループごとに感想や意見を発表しました。学内のフィールドスタディでは、学生の昼食事情をテーマに調査しレポートに。聞く力や発言する力、まとめる力が自然とつきました。ビジネスデザイン消費社会論矢野 峰生 教授佐野 美智子 教授地域活動から学ぶビジネスデザイン社会変化を消費の視点で考える地域の課題を日常生活の中に見出し、生活者の共感を呼び込んでコミュニティ創生を図る仕組みづくりを学びます。ビジネスチャンスを生み出してきた地域ブランド創生活動が主な題材です。新商品などの展示会へも訪れます。社会の変化を、〈消費〉を軸に考える授業です。近年はインターネットの普及、ソーシャル・メディアの発展などで、人間関係を含め、消費環境は大きく変容しています。消費社会の変化の原因、過程、結果について、学生とともに考えます。土居 洋平 准教授この授業は、広い視野で個別の地域課題を考える「地域社会学」の視点を身につけることを目標にしています。例えば、郊外の地域社会を、都市化や人口構造の変化といった全体社会の変化を意識しながら理解することをめざしています。そのため、全体社会の大きな変化というマクロな内容と、個別の地域社会の課題を考えるミクロな内容を交互に織り交ぜ、ミニレポート等でその関係性を主体的に考え理解を深められるようにしています。地域社会をマクロとミクロ両方の視点から理解する地域社会学自分が住む東京都でまちづくりに関わりたい世界と日本の文化のかけ橋となれるよう、NPO・NGO論の授業では世界的な目線で物事を捉えることを学んでいます。世界が東京に何を求めるのか探究し、興味のある美術を生かしたまちづくりに携わるのが夢です。「フィールドスタディ入門」で作成したレポート

元のページ 

page 86

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です