跡見学園女子大学 大学案内2017
8/140

自分から動く。いつだってワクワクしていたいから。跡見の軟式野球部といえば、過去に関東リーグ戦で何度も優勝を果たした伝統あるチームです。ところが、私が2年次の1年間は春秋のリーグ戦ともに大苦戦。練習に対する考え方など部員間の温度差を埋め、気持ちをひとつにまとめることが課題でした。そこで私は一人一人の意見に丁寧に耳を傾け、考えの異なる人同士の橋渡し役を務めました。その結果、チームの持ち味である和気あいあいとした中にも、締めるところでは締めるメリハリある雰囲気が生まれ、3年次の秋リーグでは再び優勝。さらに4年次は、全国大会でも数年ぶりに一勝をあげ、チーム賞と個人賞を受賞しました。チームづくりは自分の成長にもつながり、一勝一勝が大きな自信になりました。チームをまとめる力が自分の成長、結果につながった食品関係の分野と外国語に興味があり、入学時から海外研修に参加することを決めていました。研修先のイギリスでは、午前中は少人数クラスで、日常会話を楽しみながら授業が進められ、午後はフリータイム。現地の方とも積極的に触れ合いました。研修の時期が、イギリスからの独立を巡るスコットランドの住民投票と重なったこともあり、選挙に関する会話を交わしたことも。国の情勢について考えるきっかけとなりました。交流を深めるにつれ、もっと英語を理解したいという意欲が高まり、ライティングの課題を多くこなし、先生と会話をする機会を意識的に増やしました。これからは、英語力向上のため、跡見英会話サロンも活用し、将来は食品関係の会社で、英語を使って活躍するのが目標です。海外経験で積極的に。目標に向かって邁進中006

元のページ 

page 8

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です