跡見学園女子大学 大学案内2017
69/140

067衣・食・住、そして環境分野にフォーカス快適な暮らしを支えるビジネスのプロを育てます学びの特色2年次の必修科目であるインターンシップ。衣食住を扱う企業、自治体、環境団体など幅広い派遣先から進路を意識して選択でき、3・4年次における専門分野の学修への大きなステップとなります。未来への大きな一歩2年次インターンシップ2Point社会性1・2年次では、自然の仕組み、地域社会など地球環境について広く学び、3・4年次の衣食住、環境経営などの専門的な学びにつなげます。広い領域をカバーする学びを通して、持続可能な社会の実現をめざします。自然と共生する持続可能な社会へ3Point多様性卒業後の活躍の場●ファッション産業 ●食品産業 ●住宅産業 ●金融・保険業 ●流通・サービス業 ●企業のエコ・CSR部門 ●消費者相談窓口 ●公務員eco検定(環境社会検定試験)®やサステナビリティCSR検定など、衣食住や環境問題に関する資格の取得をサポート。生活とビジネスの知識を生かして、生活関連企業から金融、サービス業界まで幅広い分野で活躍できます。快適な生活を支える検定や資格取得を支援4Point将来性女性の視点を生かして次世代ビジネスを担う地球温暖化をはじめとする環境問題がますます深刻化し、省エネやエコに配慮した製品やサービスが注目されています。環境や健康に大きな関心を抱く新しい世代の消費者が増えつつあり、近年では「生活+ビジネス」の観点から新しいビジネスを提案できる人材が求められています。このような現代社会のニーズを受けて、身近な生活への関心を出発点に、省エネやエコ、企業経営についても学び、女性の視点を生かして、生活分野のビジネスで活躍できる人材を育成します。5Point先進性[3つのポリシー]大学公式サイトの下記ページでご覧いただけます。http://www.atomi.ac.jp/univ/about/information/policy.html衣食住や環境問題、社会生活についての専門知識をもとに、快適な暮らしのための具体的な解決策を提案・実行できる能力を養います。企業との連携授業や、地域連携活動への参加など、企業や社会との交流にも力を入れて取り組んでいます。1Point実践性暮らしにおける問題解決の実行力をもともとファッションに興味があったのですが、学科の学びを通して環境問題にも関心が高まりました。そのきっかけとなったのが2年次の実践ゼミナールで体験したファッションショーです。不用になった衣類を集め、デザインを考え、裁縫にも挑戦。ファッションショーを作り上げる共同作業の中で、自分の考えを述べる力も身についたと思います。また、実践ゼミナールではワコールアートセンター(スパイラル)でのインターンシップも経験。3年次には自ら行動を起こそうと、自分で企業を探してニトリのインターンシップに参加しました。販売戦略の仕事を体験したことで、インテリアやファッションに関するマーケティングを学びたいという新たな目標ができました。学科の学びやインターンシップで新しい目標が生まれたファッションインテリア消費と生活都市と地域エコビジネス持続可能な社会食環境生活環境マネジメント生活環境マネジメント学科

元のページ 

page 69

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です