跡見学園女子大学 大学案内2017
59/140

3・4年次BUNKYO Campus文京キャンパス3・4 年次には、自分のキャリアを見すえて、関心のある科目を選択します。自分のキャリアに必要な専門性を磨き、4 年次の卒業論文・卒業研究でその成果をまとめます。3年4年より専門的なテーマで主体的に研究・発表大学生協とのコラボレーションによって、実践的にマーケティング戦略を研究しています。ゼミナール長を中心に大学生協と話し合いながら、やりたいことに挑戦できるところが魅力です。ゼミナール4年間の学びの集大成野鳥が集まる環境を調査するため、探鳥地と呼ばれる公園や庭園4カ所に計12回足を運びました。調査回数の多さや結論の導き方に苦労しましたが、貴重な経験となりました。卒業論文・卒業研究専門性の柱を立てて学ぶ「フードデザイン」では、行事やイベントと食の関係などについて学びます。食事のマナー、栄養についても触れ、普段何気なく食べている物がもつ意味が分かるようになりました。展開科目マネジメントについて発展的に学ぶ「アジアの経済」では、課題のレポートでアジア諸国の中から1カ国を選んで旅行プランを考えました。授業は、映像を見ながら進めるので、わかりやすく頭に入りやすいです。展開科目057教養と実践力を磨き、社会で活躍できる人材を育成しますマネジメント学部長 宮崎 正浩マネジメント学部は、創立者・跡見花蹊の教育理念に基づき、社会における新しいマネジメントの学識と技能をもち、組織・事業運営の基幹分野で意思決定ができる人材の育成をめざしています。このため、教員は企業人や国家公務員などの実務家と大学人で構成されており、これらの教員のネットワークによって学部2年生の全員が参加するインターンシップ制度が用意されています。夏休みの2週間、派遣先の企業などに出向き、社会人の方々の指導を受けながらさまざまな仕事を体験します。これは全国でも跡見だけが実践できるプログラムです。この実践体験が3、4年生での意欲的な学びやゼミナール活動に結びつき、跡見の高い就職率に繋がっています。

元のページ 

page 59

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です