跡見学園女子大学 大学案内2017
29/140

文京キャンパス3・4年次は、より専門的な科目が増え、さまざまな学問分野の中からさらにテーマを絞って学んでいきます。それらの学修を踏まえて、自分で見出した課題を論文や研究としてまとめ上げます。3年4年学科の専門領域の中からさらに対象を絞り理解を深める言葉は絶えず変化しており、放送用語にも時代背景や放送媒体の変化が深く関わっていることを知りました。時代ごとに用語を比較し、自分なりに考察する授業はとても面白いです。各論自分で見出した課題を論文や研究にまとめ上げる研究テーマは自由。学生が興味をもっているテーマについて先生がお話をしてくださり、その上で、それぞれの研究に取り組みます。熱心な指導とメンバーの仲のよさが魅力のゼミナールです。ゼミナール4年間の学びの集大成音楽が好きで、もっと知識を深めたいと思い、卒業論文もJ-POPアーティストの海外輸出をテーマにしました。資料集めに苦労はしましたが、書いていくうちにさらに興味が広がりました。卒業論文・卒業研究学修の支えとなる技術を実践的に体得「カウンセリング実習」は、中学校で10日間過ごし、自然体の生徒の様子を見ることができる魅力的な授業。実際の教育現場でしか体験できない学校の雰囲気を感じることができます。実習027物事の本質を見極め判断する力を備え、社会で大きく羽ばたいてほしい文学部長 横田 恭三今から140年前、〈跡見学校〉を創設し女子教育に心血を注いだ創立者・跡見花蹊。教養と品性とを重んじ、自律し自立した女性…これが開学から今日まで一貫した跡見の教育理念です。21世紀に入ってますます多様化する価値観、氾濫する情報、不安定な世界情勢。次代を担う若人には、物事の本質を見極め判断する力、柔軟に思考し表現する力が不可欠です。文学部4学科は、そんな時代に対応すべく、それぞれの専門科目のほか、資格取得を含めた多彩な科目を用意して皆さんを強力にサポートします。さあ、教養・品性・自律・自立を基本に据えた本学で、さまざまな“パワー”を身につけ、社会に大きく羽ばたきましょう。3・4年次BUNKYO Campus

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です