跡見学園女子大学 大学案内2017
25/140

023教養科目共通専門科目社会人形成科目教養科目は、幅広い知識をもった真の教養人となることをめざす授業で構成されています。「聖書学」「児童文学」等の人文学系科目、「ファッション論」「国際社会論」等の社会系科目、「保育学」「深層心理学」等の人間系科目、「自然保護論」「建築環境論」等の自然系科目から成り立っており、多様な講義を履修できます。自分と向き合いキャリアを考える科目、ビジネススキルやマナーを身につける科目、対人関係やコミュニケーション能力を高める科目、資格取得のための科目など、社会人として身につけておくべき基本的なスキルや心構えを学ぶ科目群です。講義だけでなく、演習や実習をまじえた実践的トレーニングで社会に出る準備を行います。全学部・学科の専門的な科目の中から、全学的に共通して開講している科目群です。自分の所属する学科の学問分野を超えて専門的な学修ができます。また、心理学に関する科目、コミュニケーション能力を磨く科目、資料やデータを収集し、分析するための具体的な方法を学ぶ科目など、実社会で生きるスキルを身につけ、広い視野でものごとを捉える力を育むことができます。社会人として身につけておくべき基本的なスキルや心構えを学ぶ人生を豊かにする幅広い教養を身につけます全学部・学科の専門科目を通して学際的な学修を可能にします国民国家を超えた、国際社会の諸問題に対する基礎的な知識を身につけ、考察し分析する能力を育てます。将来の日本と世界との関係や、国際社会全体がどうあるべきかを、タイムリーな話題を取り入れながら考えます。国際社会論フィールドワークの歴史、意義、方法、技術、問題点について、さまざまな実践例を用いて解説します。さらにフィールドワークの模擬体験を通じて観察力、分析力、コミュニケーション能力や交渉力を養います。フィールドワーク方法論情報収集から報告書提出まで、実際にボランティアを一貫して経験することで、自発的に物事に関わる姿勢を養うとともに、その意義を体感的に会得します。必要に応じてグループ作業や個別面談も実施します。ボランティア実践大塚警察署防災キャンペーン創立者・跡見花蹊の人と学問について知り、建学の精神とその現代的意義を踏まえたうえで「大学で学ぶこと」の意味を明らかにしていきます。人生85年時代、いつまでも輝き続けるための総合的人間力を醸成します。花蹊の教育とライフプラン・キャリアプラン

元のページ 

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です