跡見学園女子大学 大学案内2017
17/140

大学では、自分の意見を伝える楽しさを実感し、環境問題を学ぶゼミナールで「大学のコピー用紙をエコ認証のものに変えよう!」と提案。自らが発信し、現状に変化を起こすという、仕事をする上でのポリシーが培われたと思います。将来は「ビジネスで環境に貢献したい」と考えていたところ、授業で、環境問題などに取り組む企業に投資をすることで環境への配慮を促すSRIという仕組みを知りました。自分の進む道は「これだ!」と直感。投資家に対する広報活動のためのレポートなどを企画・制作するほか、SRIの普及活動にも力を入れている現在の会社に入社しました。私が初めての新卒社員なので、1年目は、仕事を覚え、任せてもらうために必死でした。2年目になり、SRIの基礎情報となる海外の投資事例等の情報収集も任されています。やりたいことに一歩近づき、意欲がさらに高まっています。学生時代に福島県の復興支援のインターンシップに参加した際、被災地の皆さんが元気な笑顔でいられるためには、「まずは健康があってこそ」という思いを強くもち、就職先は医療業界をめざしました。MSとは医薬品卸売業者の営業職のことですが、卸売ですので、複数の選択肢から医師、薬剤師の希望に沿う提案や公正な情報提供ができる点で、間接的に患者さんの役に立っている実感があります。担当クリニックのドクターから、医薬品に関して「あなたの意見を聞きたい」と相談を受けることや、「急いで点滴薬を届けて欲しい」と依頼されることも多く、「個人」として頼りにされ、感謝されるためやりがいも大きいです。また、観光学で学んだホスピタリティは営業職や社会人の基本マナーとしても役に立ち、私の強みになっています。0708環境に貢献するビジネスで夢を現実に医療品を通して人々の健康を支える存在に卒業生インタビュー015※観光マネジメント学科は2015年度より観光デザイン学科に改組しました。

元のページ 

page 17

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です