跡見学園女子大学 大学案内2017
16/140

大学での4年間は、ゼミナールを含め英語のスキルを磨く日々でした。外国人教員を通じて異文化に触れる機会も多かったため、読み書きだけでなく、聞く、話す、ディベートする力まで随分鍛えられたと思います。卒業後は、私の出身地・深谷市の食品メーカー赤城乳業株式会社に入社し、入社後2年間は、生産計画の立案、工場の人材採用、工場見学者のご案内などさまざまな業務を担当しました。海外からのお客様や実習生に対応する機会も多く、跡見で培った語学力や国籍を問わずコミュニケーションできる力を生かすことができ、やりがいがありました。入社3年目に総務課へ異動。現在は新卒者の採用担当をしています。弊社は、社員の挑戦を歓迎し、若手が活躍できる社風。頑張りが認められ責任ある仕事を任されたことを誇りに、新しい仕事にも柔軟に挑んでいきたいと思います。「大喜利」によるユニークな新卒採用イベントの開催をはじめ、さまざまな企画で人材採用を支援するのが私の仕事。企画運営、営業活動、パンフレットやWEB制作まで全プロセスを任され、とても充実しています。跡見では発達心理学の授業や学校心理学的援助のゼミナールなどで学び、フリースクールでのボランティアも経験しました。そのなかで、課題を抱える子どもたちの背景には、親を取り巻く労働環境や経済状況もあり、女性の就労支援という方法も「子どもたちの笑顔」につながると考えるようになったのが、人材業界に進んだ理由です。就職活動でも、まず自分が子育てしやすいか、女性が活躍できる会社かどうかに注目しました。将来はやはり、女性の就労支援と労働環境の改善を実現する新しいサービスを自分の手でカタチにしていきたいと思っています。0506異文化交流の経験と英語力が大きな自信に女性の就労支援を子どもたちの笑顔につなげたいINTERVIEW014

元のページ 

page 16

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です