跡見学園女子大学 大学案内2017
14/140

01202カウンセリングの学びを生かして人が幸せになる組織をつくりたい臨床心理学科で身につけた最大のスキルは「人を見る力」です。小学校で行ったカウンセリング実習は、子どもたちの表情や態度を観察しながら、言葉にならない気持ちを読み取る訓練の場でもありました。その時磨いた感性を「誰かを幸せにすることに役立てたい」と飛び込んだのがノバレーゼです。ドレスコーディネーターとして接するお客様の中には、ドレスを選ぶ際に、細部まで気にされる一方、本音を言葉にできない方もいらっしゃいます。その思いを感じ取り、気持ちを引き出すことが最高のドレス選びには大切。そうして幸せな結婚式を迎えていただく仕事にとても誇りをもっていました。マネージャーに抜擢されたのは、専門職としての仕事にやりがいを感じて邁進していた時期。最初はとまどいましたが、ここでも「人を見る力」が役立ちました。スタッフ一人一人の気持ちをくみつつ、モチベーションを上げ、感情ではなく分析に基づき「働きやすい環境」を整えていくマネジメント力の土台になっていると感じています。今は、組織のマネジメントを通して間接的にお客様を幸せにし、スタッフにも幸せに働いてもらうことが私の使命。結婚式を挙げるなら「絶対にこのメンバーにお願いしたい」と思える職場をつくり、一緒に働く仲間が輝いて見えることが目標です。INTERVIEW

元のページ 

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です