跡見学園女子大学 大学案内2017
109/140

107資格取得派4年間という限られた大学生活を、先輩たちはどう過ごしているのでしょう。学び、資格、サークル、ボランティア、それぞれの活動から充実した日々について伺いました。1年次の春、たまたま友人が入部するという書道部に同行した際、顧問の横田先生に勧誘されたのが、書道を始めたきっかけです。墨をすりながら精神統一ができること、中国の書家・呉昌碩の作品に魅了されたことで、自分もどんどんその独特な書体の「篆書」に夢中になっていきました。もともと国語の教員になりたくて教職課程で学んでいたので、横田先生に書道の教員免許も勧められ、2年次から挑戦しました。実際、国語と書道の教員免許をもっていることが私の強みとなったため、書道と出合って本当によかったです。国語科教員として、書道家として、これからの人生はこの2つを極めていくスペシャリストをめざしたいと思っています。書道と出合い、人生の目標が一つ増えた学生時代は「何でも積極的に挑戦してみよう」と思って跡見に入学しました。そこで、1年次は大学の授業で紹介された新座市のピアサポーターとして小学校ボランティアを行いました。ほかにもNPOの東日本大震災の復興ボランティア、特別支援学校の学園祭ボランティアも経験しました。特に子どもたちとの触れ合いは楽しく、またその関わり合いの中で自身の成長を感じることも多く、教育関係の道に進みたいという夢が見えてきました。臨床心理学科では教員免許を取れないのですが、教職課程の先生が親身に相談にのってくださいました。そこで教職課程以外にも教員免許が取れる認定試験制度を教わり、現在は小学校教諭をめざして勉強しています。ボランティア経験が進路変更のきっかけ他大学の学生と参加した震災支援書道専用の教室を完備し、資料も充実ボランティア派総合科目ゼミナール心理教育的アセスメントテーマで学ぶ英語(観光)家族療法論教育学概論近代家族論健康心理カウンセリングジェンダー論TOEIC®アルバイトアルバイト資格取得のための勉強私の1週間4限[教職実践演習(中・高)]教員をめざし、少しでも知識やスキルを磨こうと頑張っています。1限[人文学演習Ⅱ]ゼミナールも書道。大好きな書家・呉昌碩の「篆書」の手習い研究をしています。2限[絵画実習D]ステンドグラスを創る授業。創作実習は楽しいです。3限[空き時間]図書館で教員採用試験の勉強をしたり、試験前にはレポートを書いたりしています。塾でアルバイト先生になるためのトレーニングとして、塾講師のアルバイトを続けています。私の1日友人と教室でランチ空き教室を見つけて友人とランチ。私はお弁当派です。アルバイト月火水木金土日1限2限昼休み3限4限5限放課後

元のページ 

page 109

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です