茨城大学 大学案内2018
98/112

■ 入学時の費用水戸キャンパス1階食堂は安値で美味しいバラエティーに富んだメニューを中心に提供しています。2階食堂は、コーヒーも飲める第2の食堂としてご利用ください。麺類、丼、カレー、日替わりセット、数種類のパン、ドリンクおよびクレープなどを取り揃えています(2017年10月にリニューアルオープン)。専門書を中心に教科書・教養書・文庫新書・雑誌・地図にいたるまで、学生・教職員の要望に応えた品揃えです。パン・弁当・飲料・文具・日用品・衣料品から、本学のオリジナル商品まで、学生生活における必需品を揃えたコンビニショップです。JR券・宿泊手配・国内外旅行取扱・パソコン・ソフトウェア・プリンタ・教習所・コンタクトレンズ紹介まで幅広くサービスしています。■福利センター食堂 (大学生協)地元有名店のサザコーヒーが提供する美味しいコーヒーやラテ、ホットドッグなどの軽食を揃えております。■ライブラリーカフェ■大学会館食堂■書籍部(大学生協)■購買部(大学生協)■サービスショップ (大学生協)提携教育ローン 本学独自の経済支援策の一つで、経済的理由で修学に困難がある優れた学生が、有意義な学生生活を送れるように、有利な条件で利用できるよう常陽銀行・水戸信用金庫との間で、提携教育ローン制度の協定を締結しています。 日本学生支援機構の奨学金の他に、地方公共団体や公益法人などの奨学金も取り扱っています。応募資格、貸与金額などがそれぞれに異なりますので、学生生活課(TEL.029-228-8059)にお問い合わせください。地方公共団体・公益法人などの奨学金 「ウエルシア薬局育成奨学金」、「鴨志田邦明奨学金」、「経済支援奨学金」および「成績優秀学生奨学金」があります。詳細については学生生活課(TEL.029-228-8059)にお問い合わせください。本学独自の奨学金日常生活サポート経済サポートじっくり学ぶための生活環境をしっかりサポート学生生活サポート■ 奨学金制度主な奨学制度として日本学生支援機構の奨学制度の他、地方公共団体や公益法人などが行う奨学制度がありますが、この他にも本学独自の奨学制度で学生支援を行っています。これらはいずれも、人物・学業ともに優れ、かつ健康であって、経済的理由により修学が困難である学生に対して、本人の願い出に基づき選考のうえ給与・貸与されます。日本学生支援機構奨学金第一種奨学金(無利子)自宅通学者自宅外通学者第二種奨学金(有利子)学部・専攻科の貸与月額30,000円又は45,000円30,000円又は51,000円3万円・5万円・8万円・10万円・12万円の中から学生が選択した額※第二種奨学金は、在学中は無利息ですが、卒業または退学後、年3%を上限とした利息が付きます。日本学生支援機構の募集は原則として毎年春に行われます。貸与月額は左記のとおりです。本学では約4割の学生がこの奨学金の貸与を受けています。全学部(フレックスコースを除く)入学料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・282,000円前期分授業料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・267,900円後期分授業料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・267,900円学生教育研究災害傷害保険+学研災付帯賠償責任保険(Aコース)(保険期間4年)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4,660円茨城大学教育研究助成会会費(4年間分) ・・・・・・・・・・・・・・・10,000円学部後援会費(4年間分) 人文社会科学部、教育学部・・・・・・・・・10,000円理学部、工学部、農学部・・・・・・・・・・・・・12,000円工学部フレックスコース(夜間主コース)入学料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・141,000円前期分授業料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・133,950円後期分授業料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・133,950円学生教育研究災害傷害保険+学研災付帯賠償責任保険(Aコース)(保険期間4年)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2,760円茨城大学教育研究助成会会費(4年間分) ・・・・・・・・・・・・・・・・・10,000円学部後援会費(4年間分) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12,000円キャンパスライフ■ 入学料・授業料の免除制度修学を容易にするために、入学料および授業料の免除制度があります。免除の認定には、次のような一定の条件があり、家計収入状況調査などの資料が必要となります。入学料免除授業料免除入学前1年以内に入学する者の学資負担者が死亡、または風水害などの災害を受けた場合。経済的な理由で納入が困難で、しかも学業が優秀であると認められた場合。※左記のほか、入学料免除・授業料免除とも、平成23年3月以降に指定された災害救助法の適用地域において、地震、台風等の災害により被災した方や、居住地が福島第一原子力発電所事故による帰宅困難区域、居住制限区域又は避難指示解除準備区域にある方の申請を受け付けます。詳細については学生生活課(TEL.029-228-8067)にお問い合わせください。98IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る