茨城大学 大学案内2018
92/112

クラブ&サークル年次や学部を超えた交流で、キャンパスライフを充実させようレースで勝利した時の感動は、選手にとってもマネージャーにとっても最高の喜びですボート競技は、2,000mという距離を自分たちの持っている力を出して漕ぎ、一番速かった人が勝つというシンプルな競技です。ボートには多くの種目があり、1人で漕ぐものから8人で漕ぐものまであります。複数の人間が動作を揃えて艇を進めることから“究極のチームスポーツ”とも呼ばれています。ボート競技は大学生になって始める人がほとんどなので誰にでも「日本一」をめざせるチャンスがあります。また、勝つためには選手だけでなく、サポートするマネージャーの力も必要です。練習環境を整えたり、食事を作り栄養面から選手を支えたり、時には相談に乗ったりして、選手が試合で最高のパフォーマンスを出せるようサポートします。選手が一位でゴールした時の感動はマネージャーにとっての最高の喜びです。僕たちと一緒に熱い4年間を過ごしてみませんか?漕艇部水戸キャンパス大きな目標に向かって努力を継続させることの大切さを教えてくれます私たち茨城大学吹奏楽団は、水曜日と土曜日の週2回、学生指揮者による合奏を行っています。それ以外は各人で個人練習やパート練習に励んでいます。団員数は100人を超え、大学内で最大規模のサークルです。昨年8月に開催された吹奏楽コンクール茨城県大会では金賞を受賞、県代表に選出され、9月に開催された東関東大会に出場しました。また、12月には冬の演奏会、3月には定期演奏会を行っています。大会に向けて練習の厳しさも増しますが、そのような時に支えになってくれる仲間がたくさんいることも、このサークルの魅力のひとつです。吹奏楽団水戸キャンパス競技力向上を通して、人間的成長が出来る部活です私たち陸上競技部は月、火、水、金、土の週5日、第2グラウンド及び競技場で練習をしています。体育会系の部活ということもあり、練習は厳しいですが、一人ひとりが強くなりたいという強い意志を持って練習に取り組んでいます。最近では、リオ五輪での男子4×100mリレーで銀メダルを獲得するなど、陸上競技の関心が高まってきていると感じています。また、陸上競技は自分と向き合い、その奥深さを追求すればするほど、楽しく、熱くなれるスポーツだと思っています。陸上競技に興味がある方は是非、第2グラウンドまでいらしてください。陸上競技部水戸キャンパス92IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#92

このブックを見る