茨城大学 大学案内2017
81/112

生物生産科学専攻応用生命科学専攻環境資源共生科学専攻農林共生社会科学専攻農業環境工学専攻東京農工大学大学院 連合農学研究科農学部博士課程 作物および家畜・家蚕の生理生態、遺伝育種、動植物保護の農業生産に寄与する分野についての研究を通して、学理と技術諸問題の高度かつ深化した教育を行います。 生命現象の根源をなす生体反応を解析して、人類の生存に必要な物質生産のための基盤を確立するとともに、その応用、開発を行うことを目的としています。植物生産科学大講座動物生産科学大講座生物制御科学大講座応用生物化学大講座生物機能化学大講座 地球上の人の活動の場と、生物資源を科学的に解明し、資源の効率的な生産とその保全、地球環境の保全、さらに自然保護の科学を総合的に考究します。 農業生産の基盤となる農地の土と水に関する工学、地域の水利用と水環境の保全に関する工学、地域資源の保全と地域の環境計画、農業生産に関するシステム工学、作物や家畜の生産および生産物の加工流通における環境制御工学などに関する研究を行います。森林資源物質科学大講座環境保全学大講座 人間と自然との共生のあり方、共生持続型社会システムのあり方、効率的で環境保全的な農業生産を可能とする経営組織のあり方など、社会経済的諸課題を究明できる総合的な教育と研究を行います。農林共生社会科学大講座農業環境工学大講座課程の概要3大学が連携し、教育・研究を行う独立大学院● 修業年限:3年● 所定の単位を修得し、学位論文の審査および最終試験に合格すると、東京農工大学から博士(農学)または博士(学術)の学位が授与● 茨城大学大学院農学研究科から進学する場合、入学料は不要です。 連合農学研究科は、茨城大学、東京農工大学、宇都宮大学の農学研究科修士課程が連合して博士課程(3年)の教育・研究にあたる研究科です(基幹大学は東京農工大学)。 本研究科は生物生産科学・応用生命科学・環境資源共生科学・農業環境工学・農林共生社会科学の5専攻からなり、食料・生物資源の確保、生物機能の活用と制御、環境保全と修復など、人類の生存と福祉に必須の科学分野について、高度な専門知識と創造性豊かな応用力を備えた研究者の養成を行っています。 教育・研究指導は3大学の約250名の教員の協力によって行われ、毎年50名以上の博士が誕生しています。修了要件・取得可能な学位農学部81IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 81

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です