茨城大学 大学案内2019
8/112

経済的支援を必要とする学部新入生(非課税世帯)を対象に、返済不要な奨学金を支給します。給付額は一律3万円とし、教材費、書籍代など、学生生活を始めるにあたって必要な経費に活用してもらうことを想定しています。また、この経費は、茨城大学基金から拠出されています。修学支度金充実した支援体制頑張る学生を全力でサポートします日本学生支援機構のほか、地方公共団体や本学独自の奨学金などがあります。いずれも、願い出をするには、各種団体の定める申請条件(経済状況や学業成績、または専攻分野など)を満たしている必要があります。奨学金制度修学を容易にするために、一定条件に基づき入学料及び授業料の免除があります。なお、授業料免除については、従来の「全学免除」及び「半額免除」に加えて、新たに「1/4額免除」を新設しました。また、災害等で被災した受験生の、検定料免除も実施しています。入学料・授業料等免除担当教員やキャリアカウンセラーが、学生一人ひとりに合わせ、個別に就職相談にあたるなど、きめ細やかな体制を整えています。その他、就職に対する意識を高めるためのキャリア教育授業や就職ガイダンスなどの講座を1年次から準備しています。就職支援茨城大学には5つの学生寮があります。さまざまな個性を持つ学生が、共同生活を通してお互いに切磋琢磨し、社会人としての素質を養うことを目的としたもので、経済的負担の軽さが魅力です。就職支援バリアフリー推進学生寮学生寮対人関係や修業上で困っていること、授業料や生活費など経済的な悩み、事故や事件といったトラブルなど、学生生活におけるさまざまな困りごとに関する相談窓口を設け、解決を援助します。なんでもサポート全てのキャンパスに保健管理センターを設置し、医師や看護師、カウンセラーがこころやからだの相談に対応します。病気の早期発見のための定期健康診断、病気やケガをした際の応急措置などを行い、学生の健康管理に努めています。健康サポート2016年4月1日に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」に基づき、障がいのある学生を教職員が適切にサポートできる体制を整備し、入学試験に際しての事前相談や、入学後の修学等における支援を行っています。バリアフリー推進茨城大学では健康の支援も充実しています。保健管理センターでは先生がいるので無料で診察と薬をもらうことができます。私も風邪をひいたときに診察をしてもらい、とても助かりました。男子寮は一人部屋で、女子寮は3人同室と違いがありますが、経済面でももちろん、セキュリティの面でも、常に誰かがいるので安心できます。先輩や友人に囲まれながら毎日が送れる寮で、一緒に過ごしてみませんか?学生の声学生の声茨城大学では、学生の学びをサポートするため、経済的な支援や学生生活上の支援など様々な支援制度を積極的に導入しています。P.98さらに詳しくP.98さらに詳しくP.84さらに詳しくP.96さらに詳しくP.99さらに詳しくP.99さらに詳しく人文学部 社会学科 3年加藤 良規[宇都宮短期大学附属高校(栃木)]人文社会科学部 現代社会学科 2年越中 未穂[宮城野高校(宮城)]08IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る