茨城大学 大学案内2017
76/112

応用力学●農業生産技術学 ●青果物利用学 ●青果物生産学 ●総合防除論 ●農薬学 ●植物感染機構学●ゲノム科学 ●工芸・飼料作物学 ●植物機能形態学 ●園芸学Ⅱ ●植物病理学 ●応用動物昆虫学実験●植物育種学 ●農場実習 ●作物学実験 ●植物病理学実験 など環境のことをよりさまざまな視点から考えることができます 私は水質環境に興味があったため、水や土の構造について学べる科目、水田における水利用について学べる科目を中心に選びました。実際に授業を受けてみると、数式や力学の観点から学んでいくことが多いなと感じました。これらの授業を受けることで、私たちに身近な水や土に対する知識が増え、環境のことをよりさまざまな視点から考えていくことができます。農地環境工学農業情報学農業水利学土壌物理実験地域・資源エネルギー論応用地学水文学応用力学演習地域総合農学科農学部創生・発展に繋がる思考力と行動力を持った人材の育成 地域総合農学科では、食や農に関する生産から販売までの一貫した知識と技能の修得を行い、地域産業振興に貢献する力を身につけます。これに加え、地域社会の抱える課題を正確に把握し、地域の発展に繋がる思考力と行動力を持った人材の育成をめざしています。2年次になると農業科学コースと地域共生コースに分かれて学修します。学びの特長取得可能な資格● 高等学校教諭一種免許状(理科・農業) ● 測量士補(地域共生コース)私の週間時間割(3年次履修例)上段:前期/下段:後期MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限●農学入門Ⅰ・Ⅱ ●農学実習 ●解析学 ●物理学Ⅰ・Ⅱ ●化学Ⅰ●生物学Ⅰ・Ⅱ ●地学 ●社会学 ●経済学 学部共通/学科共通科目専門科目カリキュラム1年次2年次3年次4年次地域環境科学科 4年 瀬田 千夏[下妻第一高校(茨城)]※上記カリキュラムは平成29年度入学生のものであり、週間時間割に記載のある授業科目と名称が異なるものがあります。あらかじめご了承ください。土壌物理実験水理学演習土質工学計測工学生物生産機械学実験地域計画学生物生産機械学実験水環境工学実験水質環境学緑環境システム科学特別講義Ⅱ環境水理学緑環境システム科学特別講義Ⅱ共通専門科目●栽培学 ●農業経済学一般 ●農業と土と水 ●統計学 ●土壌肥料学●作物学 ●園芸学Ⅰ ●遺伝学Ⅰ ●植物生理学 ●生物生産機械学●農業経営学 ●地域計画学 ●農業気象学  ●地域総合農学入門●プログラミング基礎 ●統計情報処理農業科学コース●フードシステム学 ●農業食料社会学 ●農政学 ●環境経済学 ●地域食産業論 ●農産物流通論●地域社会調査実習 ●地域政策学 ●ランドスケープ整備論 ●水文学 ●農学史 ●環境史 ●地域環境ガバナンス論●水理学 ●応用力学 ●設計製図 ●土質工学 ●農業水利学 ●水処理工学通論 ●農地環境工学●測量学 ●測量実習 ●水理実験 ●土壌物理実験 など地域共生コース卒業研究■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎 ■ヒューマニティーズ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会 ■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン基盤教育科目76IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 76

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です