茨城大学 大学案内2017
75/112

●ビジネス英語Ⅰ・Ⅱ ●英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ ●HACCP概論 ●畜産物安全学 ●マーケティング論●食品生物学実験 ●食品微生物学 ●食品製造学 ●食品衛生学 ●食品保蔵学 など●基礎生態学 ●微生物生態学 ●細胞生物学 ●植物代謝機能学 ●分子生物学 ●実験動物学 ●植物生理学●微生物学実験Ⅰ ●遺伝子制御学 ●植物科学実験Ⅰ ●応用微生物学 ●動物科学実験Ⅰ ●動物科学概論 など国際食産業科学コースバイオサイエンスコース卒業研究食生命科学科農学部 食生命科学科では、生命科学や食品の加工、流通、安全性に関する知識と技能を修得し、生物機能の高度利用や安全な食料・食品の生産、供給を通じて様々な食料問題を解決するための能力や食品分野で国際的に活躍できる思考力を身につけた人材の育成をめざしています。2年次になると国際食産業科学コースとバイオサイエンスコースに分かれて学修します。生命科学や食品の加工、流通、安全性に関する知識と技能を修得学びの特長取得可能な資格● 食品衛生管理者 ● 食品衛生監視員 ● 高等学校教諭一種免許状(理科・農業) ● HACCP管理者カリキュラム私の週間時間割(3年次履修例)上段:前期/下段:後期MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限学部共通/学科共通科目専門科目1年次2年次3年次4年次※上記カリキュラムは平成29年度入学生のものであり、週間時間割に記載のある授業科目と名称が異なるものがあります。あらかじめご了承ください。実験を通し、確実に成長している自分を実感できます 私は2年生の段階から、資格を取得するために必要な多くの必修科目を計画的に受講しました。3年生の授業の目玉は実験科目で、タンパク質の定量や微生物の同定など様々な分野にわたって経験できます。実験では講義で習得した知識が実際に生きる場面もあり、確実に成長している自分を実感することができます。酵素化学生物制御化学公衆衛生学食品生化学分子細胞生物学食品分子機能学酵素学実験/細胞生物学実験/微生物学実験(前期)有機化学実験/分子生物学実験(後期)化学生態学応用微生物学栄養化学機能性食品化学●農学入門Ⅰ・Ⅱ ●農学実習 ●物理学 ●化学 ●生物学 ●地学●統計学入門資源生物科学科 4年 阿部 一貴[仙台向山高校(宮城)]共通専門科目●基礎生化学 ●一般化学Ⅰ ●一般化学Ⅱ ●基礎微生物学 ●基礎有機化学●基礎土壌学 ●食品化学 ●食の安全・倫理学 ●機器分析実験●食生命科学演習 ●生物学実験 ●化学実験 ●キャリア開発論■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎 ■ヒューマニティーズ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会 ■プラクティカル・イングリッシュ■ライフデザイン基盤教育科目農学部75IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 75

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です