茨城大学 大学案内2017
74/112

地域から世界の「食と農」に貢献する生産・研究開発・流通のプロを育てます改革のポイント食生命科学科地域総合農学科国際食産業科学コースバイオサイエンスコース農業科学コース地域共生コース日本の食から世界の食への互換・発展食品の開発食の安全人の健康と栄養農作物環境・エネルギー産業振興地域づくり これらのキーワードから生まれてくる、学生の「これがしたい!」という気持ちを、1~2年次前半で学ぶ「農学入門」や「学科共通科目」で育み、さらに2年次後半から3年次に学ぶ「コース専門科目」で「こうなりたい!」に変え、学部全体のキーワードである「生産」「研究開発」「流通」のプロとして、社会で活躍できるようにします。12学科・4コースに改組2実務型農学系人材を育成する教育3農業の基盤強化を推進する技術者の育成平成29年度に農学部が変わります!「食生命科学科」(仮称)と「地域総合農学科」(仮称)の2学科・4コースに改組します。食料、食品、農産物の国際展開や地域農業の活性化を支える実務型農学系人材を育成する教育を推進します。産業界、自治体、研究機関と連携した教育や研究を通じて、自ら課題を見出し、社会科学的視点を備えて農業の基盤強化を推進する技術者を育成します。※平成29年4月開設に向けて設置認可申請中※※pointpointpoint新しい学科 安心・安全な食の実現と、持続可能な農業を担う人材が求められています。豊かな農業の成長は、地域の活性化にも大切です。農学部は、自然科学や社会科学を通して、生産・研究開発・流通それぞれの知識や技術を学び、国内はもとより、国際的に活躍できる「食と農」のプロフェッショナルを育成します。農学部に新学科が誕生します!NEW!74IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 74

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です