茨城大学 大学案内2019
71/112

■ 食生命科学科国際食産業科学コースバイオサイエンスコース■ 地域総合農学科農業科学コース地域共生コース入学者選抜などに関してのお問い合わせ①(世界の俯瞰的理解)多様な文化と価値観を持って、グローバル社会における農業・食料問題を包括的に理解している。②(専門分野の学力)総合科学としての農学分野の専門知識と技術を修得している。③(課題解決能力・コミュニケーション力)「生命を支える食料と食品」の課題を科学的視点から多面的に検討し、他者と協調しながら解決する能力を修得している。農業の国際化が進むなか、海外で活躍できる農業人が求められています。農学部では、国際インターンシップなど、海外での実習や講義を通じて、グローバルに活躍するための語学力や行動力を身に付けることができます。また、食生命科学科の国際食産業化学コースでは半年間の海外留学を通じて、海外で活躍するための力を一層強化します。茨城県は、農業産出額全国第二位の農業県です。農学部ではその立地特性を生かし、自治体や企業、農家の方々と連携した講義や実習を通じて日本の農業の抱える様々な課題を解決に導く力を身に付けることができます。また、農学部に隣接する附属国際フィールド農学センターで行う農学実習では、農業全般についての知識と経験を修得します。科学技術の進歩により、農業の姿も大きく変わりつつあります。農学部では、新しい情報や知見に基づく講義や実習、演習を通じて、スマート農業の実現や新たな育種素材の開発、機能性農畜産物の開発など、農業の新たな可能性の追求と持続可能社会における新たな農業を実現するための知識や技術、思考力を修得します。ディプロマ・ポリシー農業 生命 食料 食の安全 バイオテクノロジー品種改良 水と土 地域 流通学びの特色④(社会人としての姿勢)農学系専門職業人として、生涯に渡り主体的に学び続け、自然との共生社会の実現に貢献する意欲を有する。⑤(地域活性化志向)獲得した専門性を活かし、地域社会の持続的発展に寄与する意欲を有する。020301これらの言葉にピンときた方は農学部へ!http://www.agr.ibaraki.ac.jp農学部 TEL:029-888-8519茨城大学農学部の教育目標は、国際的な視点による食料・食品の高度化及び農業を核とした新産業創出に主体的かつ意欲的に取り組み、地域の農業と地域コミュニティの活性化を支える実務型農学系人材を育成することである。そのために、茨城大学が卒業生に求める資質に加え、農学部の学生が卒業時に身に付けているべき5つの能力をディプロマ・ポリシーとして定める。地域との繋がりを通じて現場対応力を磨きます世界へ羽ばたき活躍できる力を磨きます新しい農業を切り拓く力を磨きます71IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る