茨城大学 大学案内2018
7/112

今後も実験や実習を通して、専門分野の学びをとことん究めたい私は、遺伝子の本体であるDNAについて深く知りたいと思い、生物科学コースへの入学を決めました。1、2年次は生物学を基礎から学び、3年次からは生命科学や生物多様性に関する実験や実習を通して専門的なことを学ぶことができます。4年次には研究室を選び、特定の分野に関する卒業研究を行います。私は、3年次に履修した専門科目がきっかけで、放射線生物学の研究室を選びました。卒業研究を進めるうちに学問の深さを知り、さらに詳しく学びたいと考えて大学院進学を決めました。大学院では、放射線によって生じたDNAの傷の修復機構について研究しており、研究成果を学会で発表して優秀発表賞を頂くこともできました。将来は、企業の研究・開発者を目指しています。小摩木 里奈[日本大学第一高校(東京)]大学院 理工学研究科 量子線科学専攻 環境放射線科学コース 2年(理学部 理学科 生物科学コース 平成27年度卒業)学部それぞれの専門分野で、社会の現場に結びついた深い専門知識とスキルを習得します。専門職業人としての将来の自分の姿をイメージしてみてください。理学部工学部農学部工学部はパワーアップします!未来を担う高度技術者・研究者を育てる、新5学科体制へ生まれ変わります。地域から世界の「食と農」に貢献する生産・研究開発・流通のプロをめざして!自然科学や社会科学を通して、生産・研究開発・流通それぞれの知識や技術を学び、食料、食品、農産物の国際展開や地域農業の活性化を支える実務型農学系人材を育成します。学科の壁がない1学科構成で「理学のスペシャリスト」を育成します!世界的にも類がないような大型研究施設を持つ最先端研究機関や企業が集まる恵まれた環境を最大限に活用し、さまざまな研究機関との連携教育を積極的に組み入れています。P.60さらに詳しくP.48さらに詳しくP.70さらに詳しくP.80各学部の教員の研究情報● 機械システム工学科● 電気電子システム工学科● 物質科学工学科● 情報工学科● 都市システム工学科新設新設新設リニューアルリニューアル07IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る