茨城大学 大学案内2017
65/112

電気電子工学科工学部専門科目を学ぶことで、身の回りに用いられている技術が理解できる 私は電磁波や光に関係した分野に進みたいので、電子システムコースの科目を中心に受講しました。パワーエレクトロニクス、高電圧、電力工学などもカバーできるように電気システムコースの科目も選びました。 3年生になるとほとんど専門科目になり、生活や社会を支えている技術をより詳しく学べます。これらの科目を学ぶことで、如何に身の回りに電気・電子技術が用いられているのかが理解でき、好奇心がくすぐられます。パワーエレクトロニクス光情報エレクトロニクスエネルギー工学半導体工学集積回路工学電気電子工学実験Ⅱ光情報伝送路工学制御工学電気計算機工学高電圧パルスパワー電力工学エネルギーシステム通信工学量子エレクトロニクスデジタル制御電気機器学電気電子工学実験Ⅲ電磁波工学応用電子回路電気電子工学実験Ⅲ電気電子工学実験Ⅲ電気電子工学実験Ⅱ電気電子材料電気電子工学実験Ⅱ※取得可能な資格欄中の◎印は、卒業後一定の実務経験を経て受験資格を得られる資格、受験の際に優遇(一部試験免除など)される資格を表しています。電子や電磁波のはたらきを社会で活用する技術を修得 電気電子工学は、目に見えない電子や電磁波を上手にコントロールし高度にそれを活用することなどを含む幅広い学問分野です。本学科では、高校大学間の接続教育と演習を多く取り入れたカリキュラムにより、スムーズに専門科目教育へと誘導します。3年次からは、電気システムコースと電子システムコースに分かれて専門的な内容を少人数で集中的・効率的に学修することで、深い専門知識を身につけることができます。4年次には1教員当たり約4名の学生を配属し卒業研究指導を行うなど少人数教育に力を入れています。学びの特長取得可能な資格● 高等学校教諭一種免許状(工業) ◎ 技術士 ◎ 安全管理者 ◎ ボイラー技士◎ 電気主任技術者(第一種~第三種) ◎ 電気通信主任技術者カリキュラム私の週間時間割(3年次履修例)上段:前期/下段:後期●数学 ●物理 ●電磁気 ●回路専門基礎科目●数学演習 ●線形代数 ●数学解析 ●電気回路 ●ベクトル解析と電磁気●電気磁気学 ●電気電子計測と統計 ●プログラミング ●論理回路●フーリエ変換と波形解析 ●ラプラス変換と過渡現象 ●アナログ電子回路●電気電子工学実験 ●電気電子工学プレゼンテーション共通専門科目1年次2年次3年次4年次卒業研究●技術会話 ●科学英作文 ●工業英語 ●工業日本語ゼミナール ●日本語情報処理 ●工業日本語 ●知的財産法学部共通専門科目MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限●電力工学 ●電気機器学 ●プラズマ工学 ●パワーエレクトロニクス●高電圧パルスパワー工学 ●エネルギー工学 ●電気エネルギーシステム●電気電子工学設計 ●電気法規及び施設管理電気システムコース●光情報伝送工学 ●量子エレクトロニクス ●光情報エレクトロニクス●コンピュータ応用 ●デジタル信号処理 ●集積回路工学●LSIシステム設計工学 ●センサーと電子デバイス ●通信法規電子システムコース専門科目電気電子工学科 電子システムコース 平成27年度卒業 永田 光[清水東高校(静岡)]基盤教育科目■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎 ■ヒューマニティーズ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会 ■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン工学部65IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 65

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です