茨城大学 大学案内2018
65/112

生体分子機能工学科 4年 横山 優花[佐原高校(千葉)]幅広い分野の授業で、広く深く学ぶことができます生体分子機能工学科では、化学・生物学・物理学の様々な分野について幅広く学ぶことができます。私は3年次に応用機能化学コースを選択しましたが、生命科学の分野にも興味があったのでどの分野もまんべんなく学べるような時間割を選びました。一見分野ごとに関わりがないように見えても実は深いつながりがあることが多く、幅広く学んでいるからこそ各分野についてより知識を深めることができると実感しています。界面化学生体分子構造学有機化学応用電子デバイスⅡ代謝化学固体化学高分子化学分子機能演習分離計測化学物理化学・化学工学演習応用電子デバイスⅠ化学工学応用有機化学バイオミメティクス応用機能化学実験Ⅰ応用機能化学実験Ⅱ応用機能化学実験Ⅱ応用機能化学実験Ⅰ応用機能化学実験Ⅰ応用生命情報学私の週間時間割(3年次履修例)MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限上段:前期/下段:後期学科共通専門基礎教育科目学部共通専門基礎教育科目プログラム横断科目●線形代数Ⅰ ●多変数の微積分学 ●常微分方程式 ●化学概論●電磁気学概論 ●情報スキル ●プログラミング演習Ⅰ ●工学実用英語●材料科学入門 ●基礎化学Ⅰ ●物理学入門 ●生物学入門 ●基礎化学Ⅱ●ベクトル解析 ●基礎電磁気学 ●力学 ●線形代数Ⅱ ●基礎物理化学●分析化学 ●基礎有機化学Ⅰ ●生体分子化学 ●固体物性Ⅰ●物質科学基礎実験Ⅰ ●材料力学 ●電磁気学 ●数理統計●ものづくり課題解決型実習 ●物理化学 ●量子化学 ●結晶塑性学Ⅰ●材料組織学Ⅰ ●基礎無機化学 ●基礎有機化学Ⅱ ●基礎分子生物学●物質科学基礎実験Ⅱ ●固体物性Ⅱ ●材料物理化学Ⅰ ●計算材料学●基礎有機化学Ⅲ ●高分子材料学 ●生化学 ●フーリエ解析●放射線科学 ●材料加工学Ⅰ・Ⅱ ●機器分析化学Ⅰ・Ⅱ ●分子生物学Ⅰ・Ⅱ●結晶塑性学Ⅱ・Ⅲ ●材料物理化学Ⅱ ●材料組織学Ⅱ・Ⅲ ●固体量子論Ⅰ・Ⅱ●電気化学 ●流体・伝熱工学 ●高分子化学Ⅰ・Ⅱ ●有機化学Ⅰ・Ⅱ●材料組織学Ⅳ ●結晶解析学Ⅰ ●応用計算材料学Ⅰ・Ⅱ ●界面化学●表面科学 ●分離工学 ●反応工学 ●有機化学Ⅲ ●有機工業化学●構造生物学Ⅰ・Ⅱ ●細胞生物学●バイオテクノロジー ●生命情報学Ⅰ・Ⅱ●物質科学工学インターンシップ●物質科学ゼミナールⅠ・Ⅱプログラムコア科目●材料組織演習 ●マテリアルデザイン●材料強度学 ●結晶解析学Ⅱ ●強度学・物性演習 ●材料工学実験●応用化学演習Ⅰ・Ⅱ ●応用化学実験Ⅰ・Ⅱ ●無機化学 ●化学工学基礎材料工学プログラム応用化学プログラム●生命工学演習 ●生命工学実験Ⅰ・Ⅱ ●代謝化学Ⅰ・Ⅱ ●生命情報演習生命工学プログラムカリキュラム1年次2年次3年次4年次卒業研究※取得可能な資格欄中の◎印は、卒業後一定の実務経験を経て受験資格を得られる資格、受験の際に優遇(一部試験免除など)される資格を表しています。物質科学工学科工学部次世代の「材料・化学・生命」融合分野の開拓をになう人材を育成物質科学工学科では、従来の分野枠にとらわれない多様性に富んだカリキュラムにより、斬新な視点と柔軟な思考をもった研究者・技術者の育成をめざしています。1・2年次では材料科学、化学、生物学、物理学、数学などの基礎教育を行います。3年次からは材料工学プログラム、応用化学プログラム、生命工学プログラムに分かれてより専門的な知識・技術を習得できるカリキュラムで教育を行います。4年次では、各研究室に配属され、少人数でのより密度の高い専門教育とともに研究指導が行われ、社会で必要となる問題解決能力と研究者・技術者としての素養を身に付けます。取得可能な資格● 高等学校教諭一種免許状(工業) ◎ 技術士 ◎ 安全管理者 ◎ ボイラー技士 ◎ 危険物取扱者(甲種)◎ 毒物劇物取扱責任者学びの特長基盤教育科目■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎■ヒューマニティーズ ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート■グローバル化と人間社会 ■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン工学部65IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る