茨城大学 大学案内2018
63/112

※取得可能な資格欄中の◎印は、卒業後一定の実務経験を経て受験資格を得られる資格、受験の際に優遇(一部試験免除など)される資格を表しています。機械システム工学科工学部2年次からの機械工学実習では「ものづくり」の楽しさをより一層実感できます現在、2年次後期の機械工学実習が始まり、これまで培ってきた知識を使うことで「ものづくり」をする楽しさを感じています。機械工学分野は多岐に渡り、勉強は大変ですが、とてもやりがいのある学科です。この学科の授業で幅広い知識を得ることができ、将来の選択肢を増やすことが出来ると考えながら、勉学に励んでいます。現代の産業は、メカ(機械)とコンピュータ(システム)技術が高度に融合したものとなっています。その機械システム技術は社会におけるあらゆる産業を支える基盤技術です。機械システム工学科では、人と環境にやさしい機械とコンピュータ技術の融合分野を担う先端技術者を養成するため、1・2年次で基礎および専門科目を学んだ後、3年次では高度専門科目であるエネルギー機械・設計製造・情報機械プログラム別専門科目と実験科目や演習科目であるプログラム横断科目を学ぶことにより、機械システム工学の高度な専門知識とその応用力を養います。4年次では最先端の研究に取り組むことによって、プレゼンテーション能力や多様な問題を解決する能力を身に付けます。なお、機械システム工学科には、入学金や授業料の面で優遇を受けつつ、高度な専門知識を学ぶことができるフレックスコースも設けられています。人と環境にやさしい機械とコンピュータ技術の融合分野を担う先端技術者の養成取得可能な資格● 高等学校教諭一種免許状(工業) ◎ 技術士 ◎ 安全管理者 ◎ ボイラー技士 ◎ 自動車整備士カリキュラム私の週間時間割(2年次履修例)MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限上段:前期/下段:後期機械工学科 3年 庄司 紗月[日立第一高校(茨城)]学びの特長●熱力学Ⅱ ●流体力学Ⅱ ●伝熱工学●熱機関工学 ●流体機械工学●機械設計工学 ●機械加工学●材料力学Ⅱ ●機械力学Ⅱ ●メカトロニクスエネルギー機械プログラム設計製造プログラム●制御工学Ⅱ ●メカトロニクス●ロボット工学 ●人工知能●システムのモデル化情報機械プログラム学科共通専門基礎教育科目学部共通専門基礎教育科目プログラム横断科目プログラムコア科目●多変数の微積分学 ●線形代数Ⅰ ●常微分方程式 ●化学Ⅰ ●電磁気学 Ⅰ●工学実用英語 ●情報スキル ●プログラミング演習Ⅰ1年次2年次3年次4年次●熱力学Ⅰ ●流体力学Ⅰ ●材料力学Ⅰ ●機械力学Ⅰ ●制御工学Ⅰ●機械材料工学Ⅰ ●工業力学 ●電気電子工学概論 ●電気電子回路●設計製図 ●プログラミング演習Ⅱ ●複素解析 ●機械システム工学実習Ⅰ●フーリエ解析 ●ラプラス変換 ●線形代数Ⅱ ●数理統計学●アルゴリズムとデータ構造 ●コンピュータ数学 ●設計製図基礎●機械工作法 ●機構学卒業研究基盤教育科目■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康■自然・環境と人間 ■科学の基礎 ■ヒューマニティーズ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート■グローバル化と人間社会 ■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン●機械システム工学実験●機械システム工学実習Ⅱ ●CAD製図●機械学習 ●数値計算アルゴリズム ●計算力学 ●幾何・画像情報処理●ディジタル信号処理 ●環境工学 ●機械材料工学Ⅱ ●生体機械工学●機械システム工学インターンシップ ●シミュレーション工学演習 ●熱力学演習●流体力学演習 ●材料力学演習 ●機械力学演習環境・政策系設計製図Ⅰ物理学実験機械工学実習Ⅱ機械力学Ⅱ機械設計工学プログラミング演習Ⅰプログラミング演習Ⅱ設計製図Ⅰ流体力学Ⅰ数学解析Ⅰ数学解析Ⅱ材料力学Ⅱ哲学応用数学Ⅰ応用数学Ⅱ機械力学Ⅰ物理学実験機械工学実習Ⅱ機械工学実習Ⅰ機械工学実習Ⅰ数理統計学健康の科学主題別ゼミナール熱力学Ⅱ材料力学Ⅰ工学部63IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る