茨城大学 大学案内2019
63/112

●熱力学Ⅱ ●流体力学Ⅱ ●伝熱工学●熱機関工学 ●流体機械工学●機械設計工学 ●機械加工学●材料力学Ⅱ ●機械力学Ⅱ ●メカトロニクスエネルギー機械プログラム設計製造プログラム●制御工学Ⅱ ●メカトロニクス ●ロボット工学●人工知能 ●システムのモデル化情報機械プログラム学科共通専門基礎教育科目学部共通専門基礎教育科目プログラム横断科目プログラムコア科目●多変数の微積分学 ●線形代数Ⅰ ●常微分方程式 ●化学Ⅰ ●電磁気学 Ⅰ●工学実用英語 ●情報スキル ●プログラミング演習Ⅰ1年次2年次3年次4年次●熱力学Ⅰ ●流体力学Ⅰ ●材料力学Ⅰ ●機械力学Ⅰ ●制御工学Ⅰ●機械材料工学Ⅰ ●工業力学 ●電気電子工学概論 ●電気電子回路●設計製図 ●プログラミング演習Ⅱ ●複素解析 ●機械システム工学実習Ⅰ●フーリエ解析 ●ラプラス変換 ●線形代数Ⅱ ●数理統計学●アルゴリズムとデータ構造 ●コンピュータ数学 ●設計製図基礎●機械工作法 ●機構学卒業研究大学院早期履修科目基盤教育科目●機械システム工学実験 ●機械システム工学実習Ⅱ ●CAD製図 ●機械学習●数値計算アルゴリズム ●計算力学 ●幾何・画像情報処理●ディジタル信号処理 ●環境工学 ●機械材料工学Ⅱ ●生体機械工学●機械システム工学インターンシップ ●シミュレーション工学演習 ●熱力学演習●流体力学演習 ●材料力学演習 ●機械力学演習● 高等学校教諭一種免許状(工業)※◎ 技術士◎ 安全管理者◎ ボイラー技士◎ 自動車整備士取得可能な資格工学部機械システム工学科人と環境にやさしい機械とコンピュータ技術の融合分野を担う先端技術者の養成現代の産業は、メカ(機械)とコンピュータ(システム)技術が高度に融合したものとなっています。その機械システム技術は社会におけるあらゆる産業を支える基盤技術です。機械システム工学科では、人と環境にやさしい機械とコンピュータ技術の融合分野を担う先端技術者を養成するため、1・2年次で基礎および専門科目を学んだ後、3年次では高度専門科目であるエネルギー機械・設計製造・情報機械プログラム別専門科目と実験科目や演習科目であるプログラム横断科目を学ぶことにより、機械システム工学の高度な専門知識とその応用力を養います。4年次では最先端の研究に取り組むことによって、プレゼンテーション能力や多様な問題を解決する能力を身に付けます。なお、機械システム工学科には、入学金や授業料の面で優遇を受けつつ、高度な専門知識を学ぶことができるフレックスコースも設けられています。取得可能な資格欄中の◎印は、卒業後一定の実務経験を経て受験資格を得られる資格、受験の際に優遇(一部試験免除など)される資格を表しています。講義レビュー知能システム工学科・Aコース 3年桒原 緑 [水城高校(茨城)]2年次履修例専門科目だけでなく実践的なことも学ぶことができます2年次は技術プレゼンテーションという講義を履修します。この科目は自分が興味のあることをテーマとするため、他の学生の様々なテーマを知ることができることも魅力のひとつです。私の時は「宇宙エレベータ」や「介護ロボット」、「風力発電」、「車」など様々な分野について知ることができました。他の学生のプレゼンを聞くことで自分の考えが広がり将来の選択も増えると思います。知能システム工学科では、専門分野を学べることはもちろんですが、それだけでなく、調べる力やプレゼン力など自分のスキルアップに役立つことも学ぶことができます。●技術プレゼンテーションこの科目は自分が興味のあることをテーマとし、今後の予測や問題点の調査を通しながらプレゼンの企画書やレジュメの書き方、プレゼンの仕方などを学んでいきます。また、最後には全員のプレゼンを聞くため、他の学生のテーマについて知ることができます。プログラミングを基礎からじっくり学ぶ私たちの身の回りの機械はプログラムによって制御されています。プログラミングの講義は前期と後期の2回に分けて行われるため、基礎からじっくり学ぶことができ、自分でプログラムを書けるようになります。機械内のプログラムがどのような仕組みになっているのか学ぶことができ、機械系に進む上で研究にも就職にも生かせる講義だと思います。●プログラミング演習学部共通専門基礎教育科目この科目は、実際にパソコンを使って自分でプログラムを書き、実行する講義です。2年次前期受講2年次前・後期受講カリキュラム■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎■ヒューマニティーズ ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン※教員免許については、文部科学省に申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。工学部63IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る