茨城大学 大学案内2017
62/112

●電気電子工学 ●機構学 ●材料力学 ●機械設計工学 ●計算力学 ●機械材料工学 ●機械加工学 ●機械力学 ●メカトロニクス ●制御工学●熱力学 ●熱機関工学 ●流体力学 ●流体機械工学 ●設計製図 ●伝熱工学 ●物理学実験 ●機械工学実験 ●機械工学実習 ●機械工学学外実習●機械工学ゼミナール機械工学科工学部得られる知識が多く、興味深い授業が多数あります 機械工学科では、様々な分野を学習することができます。例えば、機械の設計に役立つ「機械力学」やエンジンを理解するうえで重要な「熱力学」など、興味深いものが多数あります。 機械工学科は、講義が難しい時や課題が多くて忙しい時もありますが、その分得られる知識が多く、充実していると私は感じています。設計製図Ⅰ機械力学Ⅱ設計製図Ⅰ流体力学Ⅰ機械力学Ⅰ材料力学Ⅱ技術者倫理熱力学Ⅱプログラミング演習Ⅰ材料力学Ⅰプログラミング演習Ⅱ数学解析Ⅰ数学解析Ⅱ応用数学Ⅰ応用数学Ⅱ機械工学実習Ⅰ機械工学実習Ⅰ数理統計学屋内ボールゲームⅡ機械工学ゼミナールⅠ※取得可能な資格欄中の◎印は、卒業後一定の実務経験を経て受験資格を得られる資格、受験の際に優遇(一部試験免除など)される資格を表しています。 機械工学科では、持続可能な循環型社会を見据えた「ものづくり」を担うことができる人材の育成を目的として、先端的・総合的視点から社会に貢献できるエンジニアの養成をめざした教育を行っています。1年次で十分な基礎学力を修得した後、2年次・3年次ではより高度な専門科目を学びながら、演習形式の授業で応用力を身につけ、さらに実験・実習を通して工学者に不可欠な物理的感覚を身につけます。4年次では、少人数に分かれてコミュニケーションやプレゼンテーション能力を磨くとともに、最先端の研究に1年間じっくり取り組みます。人と環境にやさしい機械をつくる、次代のエンジニアを養成学びの特長取得可能な資格● 高等学校教諭一種免許状(工業) ◎ 技術士 ◎ 安全管理者 ◎ ボイラー技士 ◎ 自動車整備士カリキュラム私の週間時間割(2年次履修例)1年次2年次3年次4年次●機械工学キャリアアップゼミナール●機械製作基礎 ●設計製図基礎●線形代数●応用数学 ●数学解析 ●機械物理学 ●機械技術英語●数理統計学 ●工学解析専門基礎科目専門科目●プログラミング演習 ●材料力学演習 ●計算力学演習 ●機械力学演習 ●熱力学演習 ●流体力学演習●シミュレーション工学演習演習科目●技術会話 ●科学英作文 ●工業英語 ●工業日本語ゼミナール ●日本語情報処理 ●工業日本語 ●知的財産法学部共通専門科目卒業研究MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限上段:前期/下段:後期機械工学科 2年 小島 芳規[茨城高校(茨城)]物理学実験機械工学実習Ⅱ物理学実験機械工学実習Ⅱ■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎 ■ヒューマニティーズ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会 ■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン基盤教育科目62IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 62

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です