茨城大学 大学案内2019
54/112

取得可能な資格欄中の◎印は、「地球科学技術者養成プログラム」限定の資格を表しています。理学科 地球環境科学コース● 中・高等学校教諭一種免許状(理科)※● 測量士補◎ 修習技術者※教員免許については、文部科学省に申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。取得可能な資格地球と人類の未来に関わる問題を考えるこのコースでは、太陽・惑星・太陽系の起源や生物の進化など40数億年という悠久の歴史を追い求めるロマンと、地震や火山などに対応した地域防災や気候変動などのグローバルな環境問題への社会貢献という2つの面から、人類を取り巻くさまざまな環境について地球科学を基礎とした教育・研究をしています。地球環境問題や地球と惑星のさまざまな自然現象に関する専門的な知識を学ぶ「地球惑星科学プログラム」と、環境保全や自然の持続的開発・防災などの地球科学関連分野の専門技術者として活躍できる人材を育成する「地球科学技術者養成プログラム」を選択できます。地球や惑星、地球環境問題に関心があり、意欲的に学ぶ学生を広く求めています。地球理学部カリキュラム理学科 地球環境科学コース 4年滝沢 ひとみ [新潟中央高校(新潟)]専門的な講義や実習は難しく感じるけれど、前向きに取り組んでいます自身が卒業研究を行う分野で必要な講義を中心に履修を組みました。3年次の履修科目数は1、2年次に比べて半分程度になりましたが、講義内容はより専門的になり、その分難しくなったように感じます。しかし、自身が興味を持っている分野についてより詳しく学べるため、充実した毎日を過ごしています。また、地球環境科学コースは各クォーターの講義の他に、大学から離れて露頭観察や気象観測をする実習があります。座学で学んだ内容を自分の目で確認できることが本コースの特徴であり、とても魅力的です。MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限古海洋学岩石鉱物学実験古生態学外書講読Ⅱ地球環境科学研究ⅡB地震学地球情報処理実習地球情報処理実習防災地質学地球環境科学研究ⅠA外書講読Ⅰ造岩鉱物学岩石鉱物学実験火山環境学構造地質学上段:前期/下段:後期3年次履修例私の週間時間割基礎科目卒業研究●基礎地球惑星科学Ⅰ ●基礎微積分Ⅰ ●微積分Ⅰ ●基礎物理学Ⅰ ●物理学Ⅰ●基礎化学Ⅰ ●化学Ⅰ ●基礎生物学Ⅰ ●生物学通論Ⅰ ●基礎地球惑星科学Ⅱ●基礎微積分Ⅱ ●微積分Ⅱ ●基礎物理学Ⅱ ●物理学Ⅱ ●基礎化学Ⅱ ●化学Ⅱ ●基礎生物学Ⅱ ●生物学通論Ⅱ ●情報基礎 ●基礎行列代数●行列代数●一般物理実験 ●一般化学実験 ●基礎化学実験●一般生物実験●地質学実験 ●地球環境科学入門●地質調査基礎演習●地球物理学実験I ●惑星科学入門●固体地球物理学Ⅰ ●大気環境の科学Ⅰ●地層学 ●岩石学入門標準科目●地質調査発展演習* ●地質環境科学実習 ●火山環境学●地質環境学概論 ●堆積環境論 ●古生態学 ●古海洋学●太陽惑星圏科学 ●鉱物学入門 ●地球惑星化学概論 ●造岩鉱物学●地震学 ●固体地球物理学Ⅱ ●測地学 ●岩石鉱物学実験 ●岩石化学実験●地球物理学演習 ●地球物理学実験II ●地球情報処理実習●地球科学巡検 ●地球科学特別野外実習 ●外書講読 ●地球環境科学演習●マグマの岩石学* ●構造地質学* ●防災地質学* ●環境リスクマネジメント論*●地球環境科学研究ⅠA*発展科目*印は、地球科学技術者育成プログラムの必修科目■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎 ■科学と倫理■ヒューマニティーズ ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン基盤教育科目1年次2年次3年次4年次54IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る