茨城大学 大学案内2019
53/112

●基礎微積分Ⅰ(または微積分Ⅰ) ●基礎物理学Ⅰ(または物理学Ⅰ) ●基礎化学Ⅰ(または化学Ⅰ)●生物学通論Ⅰ ●基礎地球惑星科学Ⅰ ●生物学通論Ⅱ ●基礎行列代数●基礎微積分Ⅱ ●基礎物理学Ⅱ ●基礎化学Ⅱ ●基礎化学実験Ⅰ●基礎地球惑星科学Ⅱ ●情報基礎 ●統計入門 ●一般物理実験●一般化学実験 ●一般地学実験基礎科目●生物学基礎実験Ⅰ* ●生物学基礎実験Ⅱ* ●細胞生物学* ●動物生理学* ●遺伝学* ●分子生物学Ⅰ*●分類学Ⅰ* ●分類学Ⅱ* ●生態学Ⅰ* ●生物科学トピックスⅠ・Ⅱ ●発生生物学* ●分子生物学Ⅱ●放射線生物学概論 ●分類学Ⅲ ●陸水生物学 ●生態学Ⅱ* ●生態学Ⅲ ●生物科学外書講読Ⅰ・Ⅱ*●生理・生化学実験* ●分子生物学実験* ●生物科学演習Ⅰ* ●生物科学演習Ⅱ* ●細胞・発生生物学実験*●生態学実験* ●分類学実験* ●生物科学野外実習 ●陸水環境科学実習 ●インターンシップ実習専門科目生物科学分野専門科目*印は、生物科学コースのコア科目と必修科目■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎■ヒューマニティーズ ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン基盤教育科目卒業研究カリキュラム理学科 生物科学コース● 中・高等学校教諭一種免許状(理科)※※教員免許については、文部科学省に申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。取得可能な資格基礎生命科学と多様性生物学をバランスよく学ぶここ40年の間に、生物学の研究とその方法は大きく変わってきています。新しい流れを踏まえ、生物科学コースでは、生物学の基礎を学び、また最先端の研究に触れることのできる講義・演習・実験・実習を用意しています。生命現象の根底にある遺伝情報の発現と制御、発生のしくみ、細胞の多様な能力、生命の起源と生物の進化、生物と環境との関わりなど、基礎生命科学から多様性生物学まで学ぶことを通して、未解決の問題を解き明かすために必要な能力を身に付けます。知識や技術を修得するために、実験・実習・卒業研究などの体験を重視しているのも、生物科学コースのカリキュラムの特色です。生物理学部3年次で専門分野をしっかりと学修するために心がけたこと生物科学を中心に興味のある講義を履修しました。私は3年次で時間に余裕をもって講義を受けるために、2年次で多くの科目を履修しました。テスト期間にはレポートやテスト勉強で忙しくなるため、空いた時間を利用して計画的に勉強しました。また、自由履修科目を専門科目で履修しようと考えているため、生物科学以外の講義も多く履修しました。大学で学んだ知識が将来に役立つので、様々な分野を学んで幅広い知識を身につけて活用できるようにしたいです。MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限細胞生物学分子生物学I無機化学I動物生理学鉱物学入門分類学Ⅱ放射線とRIの基礎生態学I有機化学Ⅱ岩石学入門生物学基礎実験Ⅱ生物学基礎実験Ⅱ分析化学Ⅱ生物学基礎実験Ⅱ生物学基礎実験Ⅱ生物学基礎実験Ⅱ生物学基礎実験Ⅱ健スポ社会遺伝学無機化学Ⅱ分析化学I有機化学I分類学Iプログラミング入門生物学基礎実験I総合原子科学入門生物学基礎実験I生物学基礎実験Iプログラミング演習人文物理化学Ⅱ私の週間時間割理学科 生物科学コース 3年峯岸 桃子 [下妻第一高校(茨城)]2年次履修例1年次2年次3年次4年次理学部53IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る