茨城大学 大学案内2019
52/112

発展科目*印は、量子線科学プログラム科目●基礎微積分Ⅰ(または微積分Ⅰ) ●基礎物理学Ⅰ(または物理学Ⅰ) ●化学Ⅰ●基礎生物学Ⅰ(または生物学通論Ⅰ) ●基礎地球惑星科学Ⅰ ●基礎行列代数●基礎微積分Ⅱ(または微積分Ⅱ) ●基礎物理学Ⅱ(または物理学Ⅱ) ●化学Ⅱ●基礎生物学Ⅱ(または生物学通論Ⅱ) ●基礎化学実験Ⅰ ●基礎地球惑星科学Ⅱ●情報基礎 ●統計入門 ●一般物理実験 ●一般化学実験 ●一般地学実験基礎科目●基礎化学演習Ⅰ・Ⅱ ●基礎化学実験Ⅱ ●物理化学Ⅰ・Ⅱ ●分析化学Ⅰ・Ⅱ ●有機化学Ⅰ・Ⅱ ●無機化学Ⅰ・Ⅱ ●生化学Ⅰ・Ⅱ●物理化学演習実験 ●分析化学演習実験Ⅰ ●有機化学演習実験 ●無機化学演習実験 ●生物化学演習実験標準科目●化学セミナー ●物理化学Ⅲ ●分析化学Ⅲ ●有機化学Ⅲ ●有機化学Ⅳ ●無機化学Ⅲ ●生化学Ⅲ ●分析化学演習実験Ⅱ ●生物物理化学●機能性有機分子 ●量子線科学入門* ●放射化学概論* ●放射線環境化学概論* ●化学安全実験法 ●アドバンスト化学演習 ●アドバンスト化学セミナー●インターンシップ実習 など■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎■ヒューマニティーズ ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン基盤教育科目卒業研究理学科 化学コース● 中・高等学校教諭一種免許状(理科)※● 毒物劇物取扱責任者● 危険物取扱者取得可能な資格カリキュラム講義・演習・実験が一体となった学修化学は、原子レベルで自然現象を理解し、新しい物質を創製する、幅広い学問です。そこで、化学コースでは、有機化学、無機化学、分析化学、物理化学、生化学を基幹とする体系的なカリキュラム(化学コアプログラム)により、講義・演習・実験が一体となった学修を導入しています。体験によって物質世界を実感しながら、多様な化学知識と実験技術を確実に身につけて、化学分野はもとより、生命・環境・エネルギー・装置開発など、さまざまな分野で活躍できる人材をめざします。化学理学部理学科 化学コース 2年藤木 太仁 [五条高校(愛知)]基本的な化学知識と実験技術を着実に身につけた一年1年次では化学を専攻する上で必要となる化学や物理、生物そして数学の基礎的な力を身につけるための勉強をしていました。化学Ⅰと基礎化学演習Ⅰの講義では、まず高校で習ってきた知識をより体系的にまとめ直していきます。僕は、俯瞰的な視点を身につける事で今までよりもっと深い知識や考え方が得られるところに「化学」の魅力を感じています。また、実験の講義では実験ノートの取り方や、データを正確に得ることの難しさ・大変さを知りました。2年になると講義の専門性が増し、実験も増えていくので、これから楽しみです。MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限英語化学Ⅰ中等教育教師論大学入門ゼミ 基礎生物学Ⅰ英語化学Ⅰ大学入門ゼミ 基礎生物学Ⅰ科学の基礎(生物) 基礎微積分Ⅰ基礎化学演習Ⅰ基礎微積分Ⅰ基礎化学演習Ⅰ基礎化学実験Ⅰ 基礎地球惑星科学Ⅰ基礎化学実験Ⅰ体育(硬式テニス)体育(硬式テニス)英語基礎物理学Ⅰ英語基礎物理学Ⅰ上段:前期/下段:後期1年次履修例情報リテラシー中等教育教師論基礎地球惑星科学Ⅰ情報リテラシー茨城学私の週間時間割1年次2年次3年次4年次※教員免許については、文部科学省に申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。52IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る