茨城大学 大学案内2017
50/112

 このコースでは、代数学・幾何学・解析学などを学ぶ「数学プログラム」と、情報数理の理論とコンピュータ科学・データ科学の手法を学ぶ「情報数理プログラム」を設けています。「数学プログラム」では、数学を基礎とした論理展開力を養います。また、「情報数理プログラム」ではコンピュータを用いた情報処理能力を土台として、数理科学のさまざまな問題について、その解決に至るまでの考え方を実践的に学びます。いずれのプログラムにおいても、21世紀の数理科学の発展と社会への還元に寄与できる人材を育てます。●行列代数 ●微積分Ⅱ ●情報基礎 ●統計入門●基礎化学実験Ⅰ ●物理学Ⅱ(または基礎物理学Ⅱ)●基礎化学Ⅱ ●生物学通論Ⅱ(または基礎生物学Ⅱ)●基礎地球惑星科学Ⅱ●科学と倫理 ●一般物理実験 ●一般化学実験●一般生物実験 ●一般地学実験1年次2年次3年次4年次基礎科目●集合入門 ●線形代数 ●数学基礎演習 ●離散数学 ●ベクトル解析 ●プログラミング入門●複素級数 ●複素解析 ●応用解析数学プログラム標準科目●実数論 ●群論 ●位相空間 ●測度と確率 ●代数学 ●幾何学 ●関数解析 ●数理構造持論●数理解析持論 ●応用数理持論 ●外書講読 ●数学考究情報数理プログラム●情報社会と倫理 ●情報と職業 ●情報システム入門 ●アルゴリズム論 ●シミュレーション入門 ●データ解析概論●ネットワーク概論 ●マルチメディア表現入門 ●情報数理持論 ●外書講読 ●情報数理考究発展科目卒業研究純粋な数学から、ITを駆使した情報数理学まで理学科 数学・情報数理コース理学部理学科 数学・情報数理コース 2年 石橋 真[佐原高校(千葉)]理解が深まることを実感できる、素晴らしい講義ばかりです 時間割の作成にあたっては、自分の学科の専門科目である数学の講義を最優先で選択しました。その他の科目については刻一刻と近づきつつある就職活動や教員採用試験のことを想定して時間割を組むよう心がけました。特に思想やステップアップ系科目については自分の興味・関心があるのはもちろん、シラバスなどをよく参照して実践的な講義を履修しました。専門科目は2年生らしく一筋縄ではいかないものの、講義を聴いて自分の理解が深まるのを実感できる素晴らしい講義ばかりでした。教養科目においては他学部の学生との交流の機会も多く、専門分野を学ぶだけでは知り得なかったであろう知識・見聞を得ることができました。MONTUEWEDTHUFRI1限2限3限4限5限総合英語(学術)数学科教育法Ⅱ離散数学群論演習数学科教育法Ⅰ群論人間と思想身体活動離散数学演習複素級数統計入門実数論位相空間総合英語(学術)位相空間演習日本国憲法社会と政治ベクトル解析演習ベクトル解析数学科教育法Ⅲ上段:前期/下段:後期学びの特長私の週間時間割(2年次履修例)取得可能な資格● 中・高等学校教諭一種免許状(数学) ● 高等学校教諭一種免許状(情報)●分野別基礎科目(自然系)・微積分Ⅰ・基礎物理学Ⅰ(または物理学Ⅰ)・基礎化学Ⅰ・基礎生物学Ⅰ(または生物学通論Ⅰ)・基礎地球惑星科学Ⅰ教養科目複素級数演習就業力育成・ステップアップ系科目■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎 ■ヒューマニティーズ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会 ■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン基盤教育科目カリキュラム(2017年度は教養科目と基礎科目に変更が生じる場合があります。)50IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です