茨城大学 大学案内2018
46/112

高度な実践的指導力をめざした教員養成をする「教育実践科学コース」を平成29年4月に新設学校教育教員養成課程 教育実践科学コース教育実践科学コースは、広く現代的・社会的教育課題に対応できる実践的指導力をもった教員の養成をめざしています。今日の学校教育をめぐる問題は多様化・深刻化しています。そのため、広く教育学の基礎を学んだ後に、学習指導、いじめ・不登校、メディアと社会、子ども理解、児童・生徒への支援に関する専門科目を学び、教育現場で起こっている諸課題に対応できる実践的指導力を培います。さらに本コースは、小学校教員免許だけでなく、中学校や高等学校の教科に対応した教員免許の取得が可能です。自分の適性に合わせてどのような免許を取得して卒業するのかをじっくり考えてください。高度な実践的指導力をめざした教員養成のために、平成29年度より、教育学と心理学を融合させた「教育実践科学コース」を新設し、これまでにない教員養成を行います。本コースでは、今日の教育現場で求められている実践的指導力を身につけた教員の養成を行います。具体的には、学校教育の特性と問題点を理解した上で、児童・生徒の支援と学習指導を行うことができる教員の養成をめざします。本コースでは、学習指導やいじめ・不登校等の対応を中心とする「現代教育プログラム」と子ども理解や児童・生徒支援に関する「人間発達プログラム」の2つを用意して、現代的・社会的教育課題に対応できる教員の養成を行います。さらに、教職大学院との接続による6年一貫の専門的教員養成を行い、高度な実践的指導力を身につけることができます。学びの特徴コースの概要紹介次世代の教育を担う教員をめざして平成28年4月、大学院教育学研究科に教職大学院を開設大学院教育学研究科 教職大学院教職大学院は、高度な専門職業人として次世代の教育を担う教員養成をめざしています。実践力を高めるため学校での実習をコアとし、教育現場で起こっている具体的な課題の解決を学校の教員、大学院生、大学教員が一体となってめざします。そのプロセスをていねいに省察することによって、理論と実践を往還しながら高度な実践力を身につけます。学びの特徴紹介教育学部今日、学校では、様々な問題を抱えるなかで、適切かつ迅速に対応し、判断し、行動に移すことができるマネジメント力が求められています。教育改革や政策動向にも通じながら、教職員をチームとしてまとめ上げ、これからの学校づくりをリードすることができるスクールリーダーを養成します。児童生徒支援コース特別なニーズのある児童生徒(例:発達障害や学級不適応)を集団の中で育てる仕組み作りのできる教員の養成をめざします。適応指導教室でカウンセリングを体験的に学んで技術を習得し、通常学級においてはソーシャルスキルトレーニングの実施や、個別の指導計画の作成法等を学びます。コースの概要学校運営コース学校のマネジメント能力を備えたスクールリーダーの養成生徒指導上の問題に対し、協働して問題解決を図れるリーダー的資質の養成幅広い視野から育成すべき学力像・求められる授業像をとらえ、児童生徒の実態に即した授業の構想・展開のできる教員の養成をめざします。今日の課題に対応した授業づくりや指導方法を学ぶとともに、授業研究を通して実践を省察し、授業改善につなげる方法を修得します。教育方法開発コース授業実践を省察し、授業改善を図るとともに、学校での授業研究をリードする力の養成46IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る