茨城大学 大学案内2018
45/112

特別支援教育特別専攻科 一種免許状取得コース 幼・小・中・高のいずれかの一種免許状を取得済みまたは取得見込みの4年制大学卒業生を対象とし、特別支援教育に関する専門的な知識を基礎から学ぶことを目的としています。専門的な知識を基礎から学ぶ科目、理論を実践で活用するアクティブ・ラーニング科目、実践場面を想定して教材開発力を身につける科目のほかに、充実した実習プログラムが用意されています。修了者は特別支援学校教諭一種免許状が取得できます。 ● 修了後の主な進路公立学校教員、進学(大学院教育学研究科障害児教育専攻、特別専攻科専修免許状取得コース)など 専修免許状取得コース 一年間で特別支援学校教諭一種免許状/専修免許状(知的障害・肢体不自由・病弱領域)が取得できます 専攻科の概要● 修業年限・1年● 一種免許状取得コース:特別支援学校教諭一種免許状(知的障害・肢体不自由・病弱)● 専修免許状取得コース:特別支援学校教諭専修免許状(知的障害・肢体不自由・病弱)特別支援教育特別専攻科は、特別支援教育の充実を図るため、障害のある子どもに関する専門教育を行い、主として知的障害児の担当教員養成を目的としています。本専攻科には、修業年限がそれぞれ1年間の「一種免許状取得コース」と「専修免許状取得コース」があります。教育と研究指導には、障害児教育教室の専任教員があたり、教育学・心理学・生理学を柱として、それぞれの特色を生かし、教育学部の教育とも相互に親密な関係を取るように工夫されています。また、学外からも専門領域の研究者・実践者を講師として迎え、知的障害児の教育を中心としながら、肢体不自由、病弱、発達障害、重度・重複障害等の教育も含めて幅広く特別支援教育について勉学できる機会を与えています。 修了要件・取得可能な資格理論と実践の往還を大切にしたカリキュラムすでに特別支援学校教諭一種免許状を取得済みまたは取得見込みの者を対象とし、専門性の高いスキルを持った特別支援教育のエキスパートの養成を目的としています。それぞれの科目では、PBL(問題解決学習)、アクティブ・ラーニング、アクション・リサーチ等を積極的に取り入れ、専門的知識にもとづいた実践的スキルを学びます。修了者は特別支援学校教諭専修免許状が取得できます。 ● 修了後の主な進路公立学校教員など 茨城大学教育学部では、4年次になると希望する都道府県等の教員採用試験を受験し、翌年から教員として歩み出します。大学院や特別専攻科に進学し、その後、教員になる者もいます。大学4年次や大学院在籍中に教員採用試験に合格した場合は、都道府県によって大学院修了まで教員としての採用を待ってくれるなどの特例があります。大学院や特別専攻科への進学は教育学部以外の学部からもできますが、出願にはそれぞれ要件がありますので各募集要項を確認ください。また、教員として働き始めた後でも、大学院や特別専攻科に進学することができます。学部新卒者と現職教員がともに専門性を高め、教育諸課題について高度な理論的・実践的能力を身に付ける場となっています。※出願要件の詳細は各募集要項をご覧ください。採用候補者名簿の猶予(茨城県等)専門的知識を実践的スキルへ 教員への道、教員からの道大学大学院大学院教育学研究科(修士課程)教職大学院特別専攻科特別支援教育特別専攻科教員・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・幼稚園     など教育学部・他学部教員採用試験教育学部45IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2018

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る