茨城大学 大学案内2019
39/112

国語選修数学選修音楽選修美術選修保健体育選修技術選修家庭選修社会選修理科選修英語選修■ 教育実践科学コース高度な実践的指導力をめざした教員育成■ 教科教育コース教員になって自分の力を社会で発揮したい■ 特別支援教育コース小学校と特別支援学校、2つの教員免許取得をめざしたカリキュラム課程の概要教科教育コースには、小学校教員免許と共に取得する中学校教員免許に対応した専門分野を深く学ぶ、言語・社会教育系(国語、社会、英語)、理数教育系(数学、理科)、音楽教育系(音楽)、美術教育系(美術)、保健体育教育系(保健体育)、技術教育系(技術)、生活科学教育系(家庭)の7つの系があります。どのような分野を深く学ぶかということは、「教育」を考え、学んでいこうとする際の基本的立場となるもので、受験する際に、どの系・選修に自分が属するかを決めなければなりません。教育学部では、平成29年度より、教育学と心理学を融合させたこれまでにない教員養成を行う「教育実践科学コース」を新設しました。教育実践科学コースでは、学習指導やいじめ・不登校等の対応を中心とする「現代教育プログラム」と子ども理解や児童・生徒支援に関する「人間発達プログラム」の2つを用意して、現代的・社会的教育課題に対応できる教員の養成を行います。卒業時には、小学校教員免許だけでなく、中学校や高等学校の多様な教科に対応した教員免許の取得ができます。特別支援教育コースは、知的障害児に対する教育を中心に行い、卒業時に小学校一種免許状と特別支援学校一種免許状が取得できます。具体的には、卒業までに所定の単位を修めると、知的障害・肢体不自由・病弱の3つの領域についての資格が得られます。このコースでは、1年次から授業中にボランティア体験や観察実習などを多く取り入れていて、障害児者に対する接し方を自然に身に付けられるようになっています。障害のあるなしに関わらず、特別支援教育はすべての教育の基本になるものです。ぜひ、このコースで学修してみてください。カリキュラム言語・社会教育系理数教育系音楽教育系美術教育系保健体育教育系技術教育系生活科学教育系専門科目●教科及び教科の指導法に関する科目(小学校)●教科及び教科の指導法に関する科目(中学校)●教育実践科学に関する科目●特別支援教育に関する科目●教育実践力養成プログラム[初等教科内容論(国語科、書写、社会科、算数科、理科、生活科、音楽科、図画工作科、家庭科、体育科、英語科)など][各選修で定められた教科][教育・社会・教師、学校と子ども、子どもの理解と支援][基礎理論、領域に関する科目、領域以外に関する科目][現代教育、人間発達、小学校算数、小学校理科、小学校英語、言語活動、環境教育、健康教育、情報教育、発達障害支援、国語科教育、社会科教育、 英語科教育、 数学科教育、 理科教育、 音楽科教育、 美術科教育、 保健体育科教育、 技術科教育、 家庭科教育、 特別支援教育]教職科目●教育の基礎的理解に関する科目●道徳、総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導、教育相談等に関する科目[道徳教育の理論と指導法、総合的な学習の時間の指導法、特別活動論、教育の方法と技術、生徒指導の理論と方法、教育相談][教育原理、教職概論、教育の制度と経営、教育心理学、特別な支援を必要とする子どもの理解と支援、教育課程論]実習●教育実習指導Ⅰ・Ⅱ●教育実習(小学校)Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ●教育実習(中学校)Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ●教育実習(特別支援学校) ●教育実習(幼稚園)■大学入門ゼミ ■茨城学 ■情報リテラシー ■心と体の健康 ■自然・環境と人間 ■科学の基礎■ヒューマニティーズ ■異文化コミュニケーション(初修外国語を含む) ■パフォーマンス&アート ■グローバル化と人間社会■プラクティカル・イングリッシュ ■ライフデザイン社会選修「大学入門ゼミ」英語選修「英語コミュニケーションT」美術選修「美術館ワークショップ実習」教育実践科学コース「教育実践科学研究」基盤教育科目1年次2年次3年次4年次卒業研究教職実践演習教育学部39IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#39

このブックを見る