茨城大学 大学案内2017
35/112

修士課程文化科学専攻社会科学専攻 人間科学分野、歴史・文化遺産分野、文芸・思想分野、言語科学分野の4分野で、心理学・社会学・文化人類学・歴史学・考古学・文学・哲学・美術史・科学史・言語科学などの研究を行っています。● 修了後の主な進路進学や留学、教員、学芸員、公務員や各種民間企業、NPOなど 現在我々が直面している社会的課題を政策的思考能力と法的思考能力(リーガルマインド)をもって実践的に解決していく人材の育成をめざしています。● 主な進路行政・民間企業・NPO、司法書士・税理士など 複雑でグローバル化している経済社会を、経済・経営・会計に基づいて把握しつつ、多角的な視野と専門的知見を修得して問題解決に努める人材養成をめざしています。● 主な進路進学、税理士、公務員や教員、金融・流通・メーカーなど 社会学、国際政治学、経済学、地理学、歴史学の分析手法あるいは複数分野の手法で、グローバルな観点から「地域」を研究し、諸課題の問題解決の方法を探究します。● 主な進路進学や教員、国内外の行政、企業、NPOなど人間文化コース法学・行政学コース経済学・経営学コース地域研究・社会学コース グローバル化や高度情報化への対応を意識して、異文化コミュニケーションとメディア文化の2つの分野で、異文化コミュニケーション、国際協力、メディア文化、メディア環境などの理論とあり方を研究するとともに、高度な外国語の能力や実践的な技能を獲得することをめざしています。● 修了後の主な進路マスコミや情報関連企業、NGO・NPOなどコミュニケーションコース大学院 人文社会科学研究科● 修業年限:2年● 所定の単位を修得し、研究指導教員のもとで研究の成果を論文などにまとめ、審査と最終試験に合格すると、修士(学術)の学位が授与されます。● 専修免許状(国語、社会、地理歴史、公民、英語)※中学校教諭および高等学校教諭の1種免許状の授与資格を得ている方2つの専攻、6つのコースで、その先の可能性を拓こう課程の概要 人文社会科学研究科では文化と社会の持続的発展に貢献する中核的専門職業人の育成をめざしています。文化科学専攻は「人間文化コース」と「コミュニケーションコース」の2コース、社会科学専攻は「法学・行政学コース」、「経済学・経営学コース」、「地域研究・社会学コース」、「地域政策研究(社会人)コース」の4コースから成り立っています。また、専攻にかかわらず「コミュニティ・マネージャー養成プログラム」や、「人文社会系サステイナビリティ学プログラム」も受講できます。 なお、社会人には履修が容易になるようなさまざまな方策を実施しており、留学生にはきめ細かい日本語教育を保証しています。修了要件、取得可能な学位・資格※平成29年4月に現名称から名称変更予定人文社会科学部社会人や留学生も歓迎します! 特別選抜制度を設けて留学生や社会人に広く門戸を開いています。職業を有しているなどの場合には、長期履修制度も利用できます。地域政策研究(社会人)コース 自治体職員、地方議員を対象とし、実践的な地域政策研究を行います。人文社会科学部35IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です