茨城大学 大学案内2019
25/112

現代社会学科130名入学者選抜などに関してのお問い合わせ①(世界の俯瞰的理解)●人間が生み出した多様な文化とその価値について深く認識するとともに、自然環境、国際社会に対する幅広い知識と俯瞰的な理解力を有している。●地域がグローバルな動きと繋がっているという認識を持っている。 ②(専門分野の学力)●人文科学・社会科学の学問的な方法、ものの見方・考え方、知見を身に付けている。●学問分野に応じた専門的な調査・分析・企画力を身に付けている。 ③(課題解決能力・コミュニケーション力)●問題を認識し課題を解決するために、多様な情報を主体的に収集・分析・活用し、文章・口頭で的確に説明できる。ひとつのメジャーに加えて、必ずもうひとつのサブメジャーを副専攻として選択します。サブメジャーは他学科の分野や専用プログラム(学部共通のものと大学全体で共通のものがあります)から選べます。このことで、幅広い視野や就業力を身に付けることができます。人文科学分野も社会科学分野も幅広く学べ、文系の学生が実際に地域や社会の現場で活躍できる「強み」を育てる学部として、平成29年度に「人文社会科学部」になりました。「現代社会学科」「法律経済学科」「人間文化学科」の3学科があり、7つのメジャー(主専攻)で自分の最も学びたい分野について学んでいきます。90%以上の学生が卒業時に就職や進学を決めています。主要な就職先は、金融、メディア、IT企業、公務員といった業界です。インターンシップや経営者協会とのコラボ授業などで就業力をさらに高めるカリキュラムとなっています。■ 現代社会学科メディア文化メジャー国際・地域共創メジャー■ 法律経済学科法学メジャー経済学・経営学メジャー■ 人間文化学科文芸・思想メジャー歴史・考古学メジャー心理・人間科学メジャーディプロマ・ポリシー■ 人文社会科学部イメージ図人文科学 社会科学 メディア 国際 地域 法律 経済 経営 文学 思想 歴史 心理学びの特色●問題を認識し課題を解決するために、文化、社会、人間を多角的に捉えて考察できる。●問題を認識し課題を解決するために、目標に向かって多様な人々と積極的にコミュニケーションをはかる能力を備えている。 ④(社会人としての姿勢)●職業人や市民としての社会的責任と役割に関する自覚に基づいて、生涯にわたり自ら学び続ける積極性を備えている。 ⑤(地域活性化志向)●職業人や市民としての地域の課題を見いだし、地域の持続的発展に主体的に携わる意欲と能力を有している。020301これらの言葉にピンときた方は人文社会科学部へ!http://www.hum.ibaraki.ac.jp人文社会科学部 TEL:029-228-8106マスコミなどのメディアの特質を学び、情報を読み説く力や発信力を養成。人間文化学科110名法律経済学科120名人文社会科学部(360名)サブメジャー・プログラム(自メジャー以外から1つ必修)メディア文化国際・地域共創法学経済学・経営学文芸・思想歴史・考古学心理・人間科学グローバル英語(全学共通)地域志向教育(学部)日本語教育(全学共通)行政マネジメント研究想定される主な進路●地方公務員●マスコミ●地域金融機関●大学院進学●国家公務員●地方公務員●金融・流通●司法書士、行政書士●大学院進学●地方公務員●金融等●学芸員、文化財専門職●公務員心理専門職●大学院進学メディア文化メジャー社会学・地理学・国際学等をベースに、国内外の地域社会を調査する力を養成。国際・地域共創メジャー現代社会における諸問題について法的な解決法を学ぶ。法学メジャー地域に根差した経済政策、マネジメントを学ぶ。経済学・経営学メジャー文芸・思想・言語学を学び「ことば」を磨き、社会を方向付ける発想を考える。文芸・思想メジャー内外の文化遺産・歴史を学び、それを活かしたまちづくり構想を考える。歴史・考古学メジャー心理学を中心に、人間の心のはたらき、行動、それらから生まれる文化について学ぶ。心理・人間科学メジャー25IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る