茨城大学 大学案内2017
22/112

 プラクティカル・イングリッシュ(PE)では、教科書のみでなく、スピーチ/プレゼンテーションやエッセイ・ライティング、自律的学習などのクラス内外での活動を通して、自分の関心のある話題などについて英語で「読む・書く・話す・聴く」力をつけていくことを目的としています。授業では、ペア・ワークやグループ・ワークを通して、学生がお互いに「学び合う」ことを大切にしています。「失敗」することは「学ぶ」ために必要なことであり、失敗する、恥をかく「リスク(risk)」をどれだけ恐れずにいられるかがその後の英語力の伸びにもつながっていきます。よい意味での”risk-taker”となり、一緒に成長していきましょう。佐々木 友美 講師「リスク」を恐れず、英語の世界に飛び込もう!学生が自ら積極的に参加する授業で、英語を楽しく学べます 茨城大学の英語の授業は、レベルによりクラス分けがされます。自分にあったレベルで授業を受けられるため、学習意欲が高まります。授業中は、教科書を読むだけではありません。他の学生とのディスカッションや、スピーチ、プレゼンテーションなどを行って、学生が自ら積極的に参加していきます。理学部では英語の論文を扱うことも多いので、英語の論文の書き方やプレゼンテーションの仕方などはとても参考になりました。より実用的な内容なので、大学生にとって非常に役立つ授業になると思います。楽しく英語を学び、知識を活用していってください。Student’s Voice理学部 理学科 地球環境科学コース 2年長嶋 理子[静岡市立高校(静岡)]プラクティカル・イングリッシュ●プラクティカル・イングリッシュ プラクティカル・イングリッシュ(PE)とは、英語を学ぶことによって、グローバルな視点を持ち、考え、行動し、多様な人々と協働できる人材を育成することを理念に、「Integrated English(IE)」、「Advanced English(AE)」で構成されている授業科目です。CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)という言語教育の枠組みに基づき、「読む・書く・話す・聴く」の4技能をベースにしつつ、TOEIC(IP)受検なども通して、大学卒業後の社会でも対応できる実践的コミュニケーション能力の育成を主な目的としています。PEは、1年次から3年次前学期まで習熟度別にクラス編成された授業を履修しますので、自分のその時の英語力に応じて適切な難易度で必要な力を伸ばしていくことができます。 また、英語の学力の高い学生のために、学術的な内容を含めたクラスや「グローバル英語プログラム科目」なども用意し、更なる学力向上に応えます。IE(ⅠA)IE(ⅡA)IE(ⅢA)入学時(センター試験・プレイスメントテスト)IE(ⅠB)IE(ⅡB)IE(ⅢB)TOEIC(IP) (1年次12月)AE(ⅠA)AE(ⅡA)AE(ⅢC)AE(ⅠB)AE(ⅡB)AE(ⅢB)Grobal EnglishProgram(GEP)AE(ⅡA)AE(ⅢA)AE(ⅢC)TOEIC(IP) (3年次7月)(前学期のみ週2回2単位)(後学期以降週1回1単位)前学期後学期1年1年前学期後学期2年2年前学期3年AE(ⅢA)※IE:Integrated English/AE:Advanced English全学の共通教育22IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2017

元のページ 

page 22

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です