茨城大学 大学案内2019
10/112

実践力を鍛えようiOPの構想カテゴリー海外研修語学研修留学国内インターンシップ海外インターンシップボランティア活動課題解決ゼミ自主研究インターンシップサービスラーニング発展学修サブカテゴリー学びをキャンパスの外でも活かそう学びをキャンパスの外でも活かそう3年次の第3クォーターはiOPクォーター。何をするかは、あなた次第茨城大学での学びはキャンパス内だけではありません。3年次の第3クォーターは原則として必修授業のないiOPクォーターです。このクォーターは、学生が自ら考えて学外を中心とした活動を行い、ディプロマ・ポリシーの「課題解決能力」「コミュニケーション力」「社会人としての姿勢」「地域活性化志向」について一層の充実を図り、さらに「世界の俯瞰的理解」「専門分野の学力」を深めることをめざす“internship Off-campus Program (iOP)”の活動期間です。iOPの流れiOPで身に付けたい力をイメージし、そのために取り組みたい活動や到達までの計画を立てます。1年次計画の具体化・準備1年次にイメージした計画を具体化し、そのための学修など、準備を進めます。2年次専門分野などへの活用・発展iOPクォーターで身に付けた力は、今後の研究や社会で大きな力となるでしょう。どう活用するかはあなた次第です。4年次事前指導・学修の後、いよいよiOP活動!これまでの準備学修や計画に沿って活動します。計画どおりにいかないこともあるかもしれませんが、それらの壁を乗り越えることで、よりたくましく成長することができます。活動終了後には、事後の振り返りや成果報告を行います。3年次iOPで実施する学外学修の分類iOPのグッド・プラクティスは報告会を通して学生間や地域の人たちにも公表されます!海外研修インターンシップサービスラーニング発展学修10IBARAKI UNIVERSITY ADMISSION GUIDE 2019

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る