秋田県立大学 大学案内2018
9/92

株式会社角館芝浦電子 当社はNTCサーミスタの売上シェア世界№1の芝浦電子グループとして、秋田県内で、次世代HEV/EVユニット専用温度センサの設計開発から製造・品質管理まで一貫して行っています。これからの世界標準を作り上げる仕事にチャレンジでき、お客様と協働して、高性能、高品質な製品を生み出し、世界中に広がる達成感を得られる企業です。 秋田県立大学に新設される「知能メカトロニクス学科」には、電子化・機械化が進みセンシングが重要視されつつある「ものづくり」において、即戦力となる人材(企業が欲しい人材)が育つ学科、という印象を持っています。また、機械・電子制御に精通するだけでなく、画像処理を身につけることはエンジニアとして強い武器になるでしょう。特に、労働人口が減少する秋田県では、組立工程の自動化や目株式会社日立超LSIシステムズ 当社は、自動車・IoT分野を中心に『ソフトウェア×ハードウェア』の強みを発揮して、まだ世の中にないモノをつくり、便利な世の中にしていくことに貢献しています。具体的な一例としては、自動車の先進運転支援システムや、自動運転関連技術の開発などを行なっています。人が財産である当社は、最先端技術の習得に向けた人財育成にも力を入れており、入社後のOJTや豊富な研修制度で成長をサポートしています。 このたび、秋田県立大学に「情報工学科」が新設されると伺いました。「情報工学科」ができることで、秋田県立大学がめざす方向性や注力する専門分野がより明確になると感じております。視検査工程の画像処理化などは優先して進めるべき課題です。未来の秋田の産業を支える人材を育成できる学科だと期待しています。 私たちの仕事は、「物事に粘り強く取り組むこと」「課題を手堅く進めること」が求められます。変化が少なくとも、飽きずに質へのこだわりを持って物事を遂行できること、粘り強さを持って与えられた役割を全うすること、柔軟な対応ができること、基礎的な素養はもちろん、課題に取り組み、学ぶ意欲があること、そういった学生を高く評価します。 当社のエンジニアも「メカトロニクス」をテーマにスキルアップに取り組んでいるので、皆さんが学ぶ「知能メカトロニクス学科」の学修内容は、間違いなく世界に通用するエンジニアへの第一歩だと思います。一緒に世界に通用する技術者を目指しましょう。 今後も秋田県内での情報分野に関する高度専門技術教育について、牽引役を担って頂くことを期待しています。また、秋田の地域産業活性化にも、ぜひ学生の皆さんの若い力(技術・アイディア)で貢献して頂きたいと思います。 そのような中で当社が求める人財は、「何事にも積極的で周囲と協調できる方」です。理系分野の基礎知識をしっかり身につけた方であれば、事業レベルで必要となる知識やスキルについても、入社後に習得することが可能です。しかし、スキルアップに欠かせない要素の1つであるコミュニケーション能力は、学生時代に積み重ねてきた経験や様々な環境が重要なポイントになると考えております。 学生時代はいろいろな体験を通じ、コミュニケーション能力を磨いて頂きたいと思います。 秋田県立大学で情報工学を学ぶ皆さんの「こんなことをやりたい」という想いをぜひ当社で「できる」に変え、実現させてください。 皆さんの「やりたい!」をお待ちしています。株式会社角館芝浦電子事務部 課長代理 長谷川 正善 様株式会社日立超LSIシステムズ人事・勤労企画部 勤労Gr 加藤 達也 様企業PROFILE所在地:秋田県秋田市雄和相川字後野85設立年度:1980年6月資 本 金:3億1千万円従業員数:625名業務内容:自動車、IoT分野を中心とした「ソフトウェア」「システム」「デバイス」の設計・開発企業PROFILE所在地:秋田県仙北市角館町川原羽黒堂60-2設  立:1994年資 本 金:1億円従業員数:150名(2017年2月現在)     事業内容:NTCサーミスタ温度センサ製造業務内容:設計開発→次世代ハイブリッド自動車用新製品開発(CAD、CAE、各種解析試験、解析レポート作成)、製造技術→製造に使用する自動機/冶具/設備の設計や組立、生産管理→工程/品質管理など OA用温度センサHEV用温度センサInterview新風秋田県立大学は新たなステージへAkita Prefectural University 07

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る