秋田県立大学 大学案内2018
67/92

栢森 藍佳さん [生物資源科学研究科 生物資源科学専攻 2年]新潟県/燕中等教育学校出身Q1Q2より深く濃密な研究を重ね、高度な専門技術を学ぶ。StudentVoice教育の特長 高等教育機関として教育面・人材養成面で地域社会からの期待が大きい高度専門職業人の養成を重視するとともに、後期課程については、より高度で専門的な業務に従事できる高度技術研究者の養成に重点を置いた教育研究指導を進めています。 全国的な学部卒業者や社会人の大学院入学希望者の増加、さらには産学官連携による科学技術基盤の形成が課題となっている秋田県における潜在的なニーズに積極的に対応しています。 論文指導、実験指導における少人数教育体制が確立しており、教員と「Man to Man」で研究を進めることができます。少人数教育Good Point 1Good Point 2Good Point 3社会人再教育の重視高度専門職業人の養成を重視大学院に進学した理由を教えてください。 学部で取り組んだ卒業研究テーマについてもっと深めたいと思い大学院進学を決意しました。実際、現在は実験を行ったり、テーマに関する他の研究者の論文を読んだりと、自分の研究をとことん突き詰めることができています。また、新しい事実を発見・解明していくことにも魅力を感じています。研究が好きな人は大学院進学をおすすめします。心に残っている授業や活動を教えてください。 学術交流協定校である韓国の順天大学との合同シンポジウムで研究内容を英語で発表したことです。英語の発表スライドや原稿の作成は本当に大変でした。何度も発表練習を繰り返し行い、当日は質疑応答に苦戦しながらも無事に終えることができました。参加してくれた方に自分の研究の魅力や面白さを伝えられたと思います。Akita Prefectural University 65

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る