秋田県立大学 大学案内2018
63/92

人文・社会等英語コンピュータリテラシー 創造的な「ものづくり」のための先端技術の開発も、最終的には人々の幸福な生活を目標にします。分野はさまざまに異なろうと、テクノロジーの進歩に貢献する未来の科学者・専門技術者である学生は、将来のキャリア形成に向けての専門研究とあわせて、今から人と社会への関心を幅広く涵養し維持する必要があります。秋田県立大学では、専任教員の授業だけでなく、放送大学の授業も利用しながら、グローバルな視点の育成、人や社会生活についての複眼的・広角的な思考力の養成を図ります。 国際社会で活躍できる人材となるため“使える英語”の習熟を目指しています。入学直後からCALLでリスニングに慣れ、その後、学生それぞれのニーズに応じて、話す・読む・書くための科目やTOEIC・英検の受験に対応する科目も開講します。また、新入生を対象に客観的英語力測定のためにTOEIC Bridge試験を年2回実施し、2年生以上を対象にTOEIC IP試験を実施します。さらに、英語の学習意欲を高め、国際交流を促進するために希望者には海外夏期語学研修を実施します。 もはやコンピュータは、現代社会の「一般教養」といえます。最先端のマルチメディアキャンパスの設備をフルに活かし、高度なコンピュータリテラシーを習得し、日々進展し続ける情報化に対応していける力を養成します。教員・研究一覧研究グループ氏名職名専門分野研究テーマ人間科学高橋 秀晴教授近現代文学明治・大正・昭和期の出版人・編集者が果たした機能についての研究渡部 諭教授心理学高齢者の意思決定は若い人とどこが違うのかということについての研究白山 雅彦教授教員養成学学校や生徒、保護者が求める高等学校教員を養成するための研究小松田 儀貞准教授社会学知識や文化(ものの見方や考え方)の働き、その人間と社会との関わりについての研究内山 応信准教授体育学ヒトの姿勢制御メカニズムを明らかにして高齢者の転倒予防に貢献するための研究宮本 雲平准教授物理学ブラックホールと流体の運動と安定性に関する数理的研究渡部 昌平准教授キャリア教育学自己理解・仕事理解の方法、コミュニケーション教育のあり方に関する研究鈴木 祐丞助教哲学セーレン・キェルケゴールの生と思想を手がかりとした、人間の生き方についての研究英語高橋 守教授英語教育学学習内容を中心とした英語教授法についての研究檜山 晋教授英語学約千年前の英語の語順(ことばの並べ方)についての研究岡崎 弘信教授英語教育学英語リスニング、リーディングに関するe-learning教材の開発研究テリー・リー・ナガハシ教授英語教育学実践的体験学習と自律的学習の研究スティーヴン・アラン・シュカート准教授英語教育学コンピュータを使った英語学習のための教材の開発研究加賀谷 真澄准教授比較文学19世紀の日本と英国における貧困問題を、文学・文化面から比較する研究江口 真規助教比較文学自然や動物の表象に関する日英比較文学・文化研究Akita Prefectural University 61

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る