秋田県立大学 大学案内2019
55/92

STUDENT VOICE興味を持った分野に特化した講義を選べて、突き詰めて学ぶことができます アグリビジネス学科は、学年が上がるにつれて作物生産や畜産、農業経営など一つの学問に特化した講義が選択できるので、興味を持った分野を突き詰めて学ぶことができます。また、3年次からは大潟キャンパスへ移動し、広大な農地を使った農業実習を行う事で、農業生産における専門的な技術を習得することができます。私は高校が普通科だったので、農業の知識はゼロからのスタートでしたが、2年次での農業実習で、種子の播種や施肥、家畜の管理などを体験し、普段口にしている食べ物を作る農業の楽しさやこれからの課題について学ぶことができました。 生物資源科学部では、自分が所属している以外の学科の講義も受けることができるので幅広い知識を身につける事ができます。授業の内容は、生物や化学に関するものが多いので、それらを苦手な人にとっては不安に感じるかもしれませんが、先生方が丁寧に教えてくれるので安心して学ぶことができます。生物資源科学部 アグリビジネス学科土田 桃華 さん[3年]秋田県/湯沢翔北高等学校出身 本学科の研究グループは、農業生産技術系の「アグリテクノロジーグループ」、農業農村基盤・環境系の「ルーラルエンジニアリンググループ」、農業と農村の活性化や政策、流通、マーケティング系からなる「アグリビジネスマネジメントグループ」の3つから構成されています。 各研究グループの専門性を深めるとともに、地域現場の課題解決に必要な総合的視点により卒業研究に取り組む「プロジェクト」という特徴のある教育組織を設けています。 なお、2017年度から研究グループとプロジェクトの名称を変更しました。研究グループは研究分野を、プロジェクトは教育目的を表すようにしました。先進作物生産技術開発プロジェクト●土地利用型作物(イネ、ダイズなど)の安定・多収を目指した作物生産技術および農業機械・情報利用技術の研究先進園芸技術開発プロジェクト●園芸作物(果樹、野菜、花き)の生産動向を見極めた先進的な生産技術または高度化した実用技術の開発に取り組む●栽培管理技術の習得と生産現場の抱える課題を認識する活動および技術開発に向けて作物の生理・生態的特性を視覚化、数値化し、解析する研究活動を行う地域ビジネス革新プロジェクト●6次産業化などの新たな経営展開の現状や将来展望、農産物等流通システムの革新やブランディングの分析●農村地域の諸資源を活用した各種アグリビジネスや農村活性化のあり方提案政策・経営マネジメントプロジェクト●農業・農村振興のための実態分析および課題の摘出●多角的アプローチによる課題解決のための提案能力の育成家畜資源利用推進プロジェクト●資源循環型肉牛生産を柱とする飼育管理(繁殖・育成・肥育)と飼料生産に関する知識と技術の修得●食肉の生産性と品質を向上させるための家畜生理機能の解明と技術開発次世代農業基盤創成プロジェクト●農業の生産性向上や農村地域の防災・減災のための農地・水・水利施設等の整備・保全に関わる専門知識と技術の修得●農業・農村の有する多面的機能の向上のための農村環境の評価・保全技術の研究研究グループアグリテクノロジー(農業生産技術系)ルーラルエンジニアリング(農業農村環境保全系)アグリビジネスマネジメント(農業経済・農村社会系)教育グループ(プロジェクト)先進作物生産技術開発先進園芸技術開発家畜資源利用推進次世代農業基盤創成地域ビジネス革新政策・経営マネジメント研究グループと教育グループAkita Prefectural University 201953

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る